愛されたいだけなの♡

まゆの淡かった恋愛の記録〜現在まで。

  • 記事数 162
  • 読者 187
  • 昨日のアクセス数 97

2人きり③

しおりをはさむ

2016/11/07 14:10:04

  • 20
  • 0

気持ちいところを
ピンポイントで突いてくる
トモくんの手つきに
軽く嫉妬を覚えながら

体と心は彼で満たされていく。


「ごめん。俺、もう入れていい?」

余裕のない表情のトモくんが
大きくなったそれを当てる。


トモくんにかき回されたそこは
もうすでにビチャビチャ。


「うん、入れて欲しい…」

そう言うと
トモくん自身がゆっくり入ってくる。


「トモくん、大好き…」

繋がった瞬間
彼が愛しくてたまらなくなって、

なんども名前を呼びながら手を握る


それに答えるように

「まゆ、まゆ、愛してる」

それ以上に愛のこもった言葉が帰ってくる。

「トモくん、私。も、もう…ダメ」

「ゴメン、俺も…もう余裕ないかも」


そして私がイッてしまったあと、
トモくんも果てた…。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. だんだん俺様に拍車がかかるその要求を素直に呑めない私私...

  2. 挿れてもいいかな?彼はゴムを装着し正常位でゆっくり私の...

  • このページのトップへ

    GIRL’S TALKにログインする

    Ameba新規登録(無料)はこちら

    9/23 編集部Pick up!!

    1. 荷物の上に座られてモヤモヤ
    2. 妊娠報告に「バカなの」と義両親
    3. 作ったご飯を毎日こっそり戻す夫

    人気ブログ記事ランキング

    1. 1

    2. 2

    3. 3