ブログランキング91

一生忘れることの出来ない恋

たくさんの人に応援していただいたミユとHIROの恋。ゆっくり更新していきます。

  • 記事数 330
  • 読者 1344
  • 昨日のアクセス数 3369

まだまだ

しおりをはさむ

2016/11/05 14:30:31

  • 123
  • 0

ぐったりしている私をいとおしそうに見つめ
ちゅっと軽くキスを落とした。
酔いがまわってていつも以上に頭がぼぉっとする。

『まだまだだからね。』

囁くように言うと、上体を起こし
達したばかりで敏感になっている所へと
顔を埋めた。

敏感になっているそこは
ザラザラとした舌の感触を感じて
きゅっと固くなったのが自分でもわかった。

『やぁっん……!あんっ……』

イッたばかりだったから気持ちいいというより
変な感覚だったけど、
だんだん気持ちよさが戻ってきた。

『あぁん……あん……んっ……』

ユウタが中に指を差し込んで中を擦る。

『指、二本入ったよ。
中、すげーキツくてぐしゃぐしゃだよ?』

そんなことを言われて恥ずかしいけど、
恥じらうよりもっと気持ち良くなりたい気持ちの方が
勝って、本能のまま喘いだ。

『やぁっ……ユウタ……またいっちゃう……。』
『ふふっ、ミユ可愛い。
どこが気持ちいい?』

固くなったクリを舌で執拗に転がす。

『あぁんっ!そ……そこっ……だめぇっ……やぁっ……』

『ここ?中、すげーしまってるよ。』

とろとろと液体が穴から流れ出てきて
おしりの方まで垂れている。

『んっ……いっ……ちゃう……あー……ああんっ!!』
悲鳴に近い声が出る。
頭がまた真っ白になってビクビクっと身体が痙攣した。

息が上がる。疲れてもう身体が動かせない……。
でも、なんだか心地よさを感じていた。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 舐める

    2015/01/25

    「ミユキのここ、どんどん濡れていくね…」そう言うと、ちひろ...

  2. ユウタが私の上に股がって、一度体勢を立てて、しゅるるっと浴...

  1. 「ミユ、やっぱエロいね…」そう言うと、翔はパンツを脱がせ...

  2. 長い夜⑥

    2013/09/11

    クチュ…クチュ…彼の指の動きに合わせてオマンコからのい...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

1/21 編集部Pick up!!

  1. 不倫相手を満足させた別れの言葉
  2. 母が息子に結婚を急かす心理は
  3. 義妹に「敵対視」され完全無視

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3