恋愛記憶帳

楽しいSEX、切ないSEX、忘れられないSEX、思い出した順に書いていく気まぐれ

  • 記事数 51
  • 読者 61
  • 昨日のアクセス数 46

ワンナイトYちゃん 10

しおりをはさむ

2016/10/28 17:14:17

  • 7
  • 0

携帯の電源をれたら数え切れないほどの彼からの着信とメール。

Yちゃんはそれを見てひいていた。

そして親から連絡があった。

どうしたのかと思い母親に連絡をした。

母「。。。今家じゃないんでしょ?うちにまた泊まっていいよ?」

どうしたのかと思い色々聞いてみたらなんと私の過去の携帯の電源をいれて彼は私の親に連絡をいれていた。

母「何も聞かないからとにかくあったかい所で寝なさい。鍵あけておくから」

そう言われるとその場でドバーと泣いていた。

そしてその間もずっとメールと電話の嵐だった。

携帯の拒否設定をしたくても操作を邪魔してくるくらいずっと鳴らしてくる。

彼は本当に異常なくらい束縛が激しかった。

Yちゃんとわかれそして私はしばらく会社を休んでしまった。

Tから連絡がはいりたくさん心配された。

そしてその休んでしまった間にYちゃんは異動が決まってしまい急遽店舗からいなくなってしまった。

本人からも連絡があった。

また気分転換がてら会おうと。。。

それに対しては普通にうん!と答える私だった。。。




またもや長いお話にお付き合いいただきありがとうございますm(__)m
本当にね。。。この元カレクソなんですよね。。。涙
クソな出来事しか書けないくらいもう思い出がない男です。
今で言うメンヘラってやつ?!苦笑
この時の私って本当に病んでたな。。。って改めて思いますよ!!

次はどの時のお話を書こうか悩んでますがまた気の向くままに書かせていただきますね~

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 閑話

    2014/10/21

    はじめまして。ずいぶん昔の思い出話にお付き合い頂き、あり...

  2. 新しい職場は私含めて今はまだ4人。所長以外は彼のい...

  1. おそるおそる携帯の電源を入れる。たくさんの着信とメールが...

  2. 寝起き

    2015/06/22

    起きた時にはすでに夕方だった。近くにあった携帯を取って眠っ...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

3/29 編集部Pick up!!

  1. 彼の家に3年も居候している人
  2. 夫に注意したら賃貸のドアを破壊
  3. 園児に胸を触らせる女性保育士

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3