ソレンヌさんのブログ

  • 記事数 305
  • 読者 130
  • 昨日のアクセス数 105

2016/10/28 19:21:16

  • 10
  • 0

下着だけにされた私は興奮を覚えた。
舌を絡ませたまま、彼が服を脱ぐのを手伝った。
キスは激しさを増していき、そのままソファーへ座り込む。

「いつも我慢させてごめんね」

優しい目で私を見つめる

いつもと違う場所
いつもと違う感覚
二人は興奮が押さえられなく、電気がついたままでも気にならないほど夢中にお互いを求めていた。

狭いソファーの上では、キスは激しく時に触れる手が興奮を招き喘ぎ声だけが響く

ブラジャーはずらされチュパチュパと音を立てて吸いつき、私は喘ぐ
「あぁん!はぁん...気持ちいい...あっ」

パンパンになったテントの中では波打ち、手で触ると男の喘ぎ声
「うぅぅ...」

彼の手は、パンティの横から割れ目へと
ヌチャと音が聞こえ
「洪水だね」
「あっん!」

洪水の中に指をニュルっと差しこむと体が弾む
親指でパンティの上から突起をクリクリ
彼氏の体にしがみつき悶える

「かわいい...もっと声を聞かせて」

私は何度も絶頂に導かれていく

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. それから求め合うようにたくさん濃厚なキスをした。ねっとり...

  2. 侵入したモリヤくんの手はショーツ越しにワレメに沿って上下に指...

  1. いままでにないくらい、優しいキスだった。「かわいいな…彼女...

  2. その後、リュウジさんとは連絡は取っているもののなかなか会えな...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

1/17 編集部Pick up!!

  1. 無意識にマウンティングするかも
  2. イヤイヤ期の復活で爆発しそう
  3. 妻を家政婦扱いする夫に呆れた

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3