ヒロミさんのブログ

  • 記事数 3
  • 読者 0
  • 昨日のアクセス数 3

姉との関係

しおりをはさむ

2016/10/27 23:45:47

  • 0
  • 0

私と姉は比較的仲の良い姉妹だった。
姉は私の5歳上で、昔はおてんばだったらしい。
身体は弱く、小学校の通学途中に倒れ長く通院していた。数ヶ月に一回行く大学病院へのドライブ。姉は嫌で仕方なかっただろうが、わたしは家族で行くドライブが楽しみだった。
姉は努力家だった。補欠にもなれないバスケの強豪校で毎日練習し、卒業後は英語を勉強する為に留学。
都内で外国人向けの不動産会社に勤めていた。
今思うと見栄を張っていたのかもしれないが、たまに遊びに行くと美味しいご飯屋さんに連れてくれたり買い物に連れてくれるなど学生の私に贅沢させてくれた。
好きな人も紹介してくれたが全て外国人。
目の前で英語で話す姉がいるカッコよく自慢だった。
ただ、愚痴っぽく一度電話があると4時間近く愚痴大会だった。姉の着信音が流れると友人は「恐怖の電話」と笑った。姉の電話で朝を迎えることも何度かあった。
だが私は姉を尊敬し大好きだった。
姉はしばらく都内で働き、仕事を辞めて海外に住んでいた。特に何かしたいわけでもなく、しいてゆうなら元彼に会いたい、と姉は言っていた。
本音は家業の跡取りである姉は30歳までは好きなことするという思いがあったようだ。母はことあるごとに私たち娘に「結婚してなければ私は今頃キャリアウーマンでバリバリ働いていたんだ」「私ばかり我慢ばかりしている。」という発言を繰り返し聴いていた。自分は不満ばかりの結婚はしたくないという思いがあったのかもしれない。
姉とはメールやスカイプで定期的に連絡は取りあっていた。内容は毎回、姉の同居人に対する愚痴であったり、自分の今の状況についての愚痴だったり、相変わらず愚痴は多かった。更に折角の海外で引きこもり気味だという。私は日本で仕入れた海外情報を姉に送り、外に出てみればとメールを送っていた。
そんなメールのやり取りで、私が姉のところに遊びに行くということが決まった。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 毒家庭に生まれたのはわたしともうひとり。姉。小学生でイ...

  2. なんですかね~。確かに、私たち姉妹は身体が丈夫な方だと...

  1. 姉がぎっくり腰で、寝込んでおります!風邪を、うつしたらい...

  2. 12/30

    受け取り拒否してしばらくすると、姉から電話が来ました。...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/10 編集部Pick up!!

  1. 隣から「うおー」と男性の叫び声
  2. アレルギー食品除去で「くる病」
  3. 「鬱症状」の診断書で会社を休む

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3