平凡でありがちな日々。(仮)

  • 記事数 111
  • 読者 7
  • 昨日のアクセス数 24

じわじわと。

しおりをはさむ

2016/10/27 22:38:37

  • 1
  • 0

*105





店長のジェラシーは、回りが心配するほどでもなかったようで、特に変わりなく日々は過ぎて行った。

江國さんがウザいくらいで。笑

遠野さんもマネージャーも安心していた。

一緒に住んでる彼氏もいる店長がジェラシーとか焼く訳なかったんだよ。

(๑•̀ㅂ•́)و✧


って、のーてんきーに、特に変わりはないように思っていた。




でも、鈍感なあたしが気づかなかっただけで、じわじわとさり気ない意地悪が始まっていた。

ようだった。(๑°ㅁ°๑)‼✧

あたしが気づいた頃にはだいぶわかりやすいイジメになっていた。

:(;゙゚'ω゚'):

まず、お昼ご飯が食べる時間がなくなった。汗

そして、掃除も更に、厳しく言われるようになった。

あたしは、シンデレラだったっけ?(;゚Д゚i|!)

って、くらいになっていた。

そして、今までみんなでやっていたタオルの洗濯やらロット洗いがあたしだけの仕事になった。

手が空いてタバコ吸っていても、手伝ってもくれない。

:(;゙゚'ω゚'):


まぁ、洗濯やらは諦めて1人でやる事にした。


お昼ご飯も手が空いたら、勝手に食べる事にした。


他の人は、気づいていても特に何もしてくれなかった。


自分にイジメが回って来たらいやだし、口出した所で改善されるとは、あたしでさえ思えなかったから仕方ない。

ただ単にあたしのターンになっただけなんだ。

ターンが他に動くか店長の気がすむまで、ただただジーッと耐え抜くしかないのだ。

そんな訳で、更に仕事には行きたくなかった。

生活あるから、行くけどさ。

いつか、ギャフンと言わせてやる‼︎ε٩(。•ˇ₃ˇ•。)۶з

と、心に決めて毎日を過ごしていた。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. *88新しく勤め始めたお店は、忙しいお店だった。...

  2. 抵抗するのを諦めたあたしはもっとユウトのことが欲しくなっ...

  1. いい天気になりましたね♪(´ε` )洗濯日和♡じゃん...

  2. ♡★♡゚・*:.。*。.:*・゚♡★♡゚・*:.。*。.:*...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

5/23 編集部Pick up!!

  1. 彼の部屋で巻き髪ウォーター発見
  2. 守ってほしい「授乳室のマナー」
  3. 義父の四十九日に行かなかったら

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3