恋愛記憶帳

楽しいSEX、切ないSEX、忘れられないSEX、思い出した順に書いていく気まぐれ

  • 記事数 39
  • 読者 53
  • 昨日のアクセス数 581

ワンナイトYちゃん 9

しおりをはさむ

2016/10/27 11:39:56

  • 6
  • 0

指をさされたほうに目を向ける。

そしたら。。。

先程あんなにたくさん精子を出していたのにもう彼のはカチカチだった。

私「。。。何でたっちゃったの?」

Y「ひどいなー。。。べべちゃんのそのバスロブ姿想像しててたったんだよ。だからもう一回。。。」

そういって彼はまたあたしをクルンと仰向けに倒して首筋から胸にかけてキスマークをつけていく。

私「。。っ!ダメだって。。。バレちゃう。。。」

Y「もうべべが俺とSEXしてることバレてるよ。。。だって彼の友達にも見つかってるし。。。」

Yちゃんは少し切なそうに私を見つめる。

Y「。。。今だけ。。。今だけは俺に集中してよ。。。俺のこと見つめててよ。。。」

彼にそう言われてちょっとだけキュンとした。

そして指で割れ目を確認してまたそのままいれてくる。

私「。。。次は中に出しちゃダメだよ。。。」

Y「ダメだよと言われるとその事したくなっちゃうんだよね。。。」

Yちゃんはでもゴムをつけてくれた。

そしていれてくる。。。

でも少したったとき。。。

Y「ごめん。。。やっぱ外す。。。このゴム大きさあってない。。。」

そう言ってYちゃんは外した。

そしてそのまままたいれてくる。

Y「。。っ。。。やっぱ生気持ちいい。。。ってか、べべの中が気持ちいい。。。」

私「ちゃんと。。。外に。。。」

Y「分かってるよ。。。べべってさ。。。名器って言われない?」

私「。。。名器って?」

腰を動かす早さは変わらないがクスッと笑われた。

Y「中がザラザラしてて男は気持ちよくなるんだよ。。。そーゆー人とそーじゃない人といるんだけど。。。べべちゃんはその名器ってやつだよ?」

言い終わるとまた強く腰を打ち付けて今度はお腹の上にたくさん出した。

そしてまた軽くシャワーを浴びている間にYちゃんはたっていたのでまた同じようにつづけた。

この行為をあと2回は繰り返した。

私「。。。Yちゃんっていつもこんなに回数するの?」

私はもうクッタクタだった。

Y「んぅ~。。。普通かな?べべちゃん満足してくれた?」

そう言うとグッタリしている私の背中に寄り添って体を乗せてきた。

私「。。。重いよ。。。」

何時間いただろう。。。

長い時間な気はしたがそんなに時間はたっていなかった。。。

そして今度こそ本格的にシャワーを浴びてホテルを出た。

そしてそこから大変なことが起きるなんて私は予想をしていなかった。。。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 膝を立てている私の足の間にYちゃんは顔をいれている。気持...

  2. バイブでイケない問題点をY氏がレクチャー『ジルさ、いきそ...

  1. …行ってきます!ネット環境がわからないので繋がらなくて...

  2. 東京 ⑦。

    2013/10/24

    アパートに戻って、少し話してYが「シャワー浴びる?」って。...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/8 編集部Pick up!!

  1. 東京の水が不味くて飲めない
  2. 義両親を「早く死んで」と思う嫁
  3. 友人に趣味を押し付けられて迷惑

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3