恋の分岐点/Our Paths Never Diverge

いくつもの分岐点を経て辿り着く結婚までのストーリー《完》/ 夫婦になった2人のその後

  • 記事数 1233
  • 読者 3028
  • 昨日のアクセス数 2283

ランチメニュー

しおりをはさむ

2016/10/26 00:55:04

  • 295

結局、何を作るかは教えてもらえないまま、迎えた翌日のお昼。

「昨日みたいに覗かないでよ!」

そんな鶴の恩返しみたいなセリフを残して、ケイスケはキッチンへ。

それから1時間弱。

「包丁が下手でもできるメニュー第2弾!」

ケイスケは、そう言って美味しそうに焼けたベーコン、しめじ、ベビースピナッチ、それに私が切った玉ねぎが乗ったチーズたっぷりのトマトソースのピザをテーブルにのせた。

生地を買って来たり、冷凍のピザを焼くだけにしたりしないところが偉い。

「まん丸にするのは無理だった」

「ちょっと生地が分厚かったかな?」

そんな風にケイスケは言っていたけど、ワインと一緒に美味しく頂いた。

さらに、前回「洗い物までが料理だよ」と言ったからか、オーブンにピザを入れてから焼き上がるまでの間に、ある程度洗い物も済ませたらしい。

出しっぱなし、使いっぱなしの常習犯は、2回目にしてかなりの成長!

この調子であと1年弱続ければ、帰任後もしまた共働きになっても、今度は家事の分担できるかも⁈

なんて、私は密かに淡い期待を抱いている。

同じテーマの記事

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/6 編集部Pick up!!

  1. 同居の義祖母に悪口を言われていた
  2. 姉が出産 子の名づけに嫌な予感
  3. 既婚男性と別れて彼のFB投稿見て涙

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3