恋愛記憶帳

楽しいSEX、切ないSEX、忘れられないSEX、思い出した順に書いていく気まぐれ

  • 記事数 46
  • 読者 53
  • 昨日のアクセス数 1380

ワンナイトYちゃん 8

しおりをはさむ

2016/10/24 17:11:29

  • 4
  • 0

膝を立てている私の足の間にYちゃんは顔をいれている。

気持ちよくてもう膝はガクガクしている。

Y「べべ。。。立ってられないの?そんなに気持ちいいの?」

私「。。。っ!うん。。。気持ちいいよ。。。」

Yちゃんは舐めているのを辞めていきなりお姫様抱っこをしだした。

Y「!!!べべ。。。重いよ。。。もうちょい痩せよう。。。」

私「失礼な!!おろして!!だっこしなくていい!!」

Y「おっ?!ツンデレな妹か?!それもいいね!!」

そしてそっとソファに私をおろして足を広げられた。

そしてさきほどの続きが始まった。

Y「家のリビングのソファでしてるみたいだね。。。」

ジュルジュルと音をたててずっと割れ目を舐めている。

腰が少しずつズレていく。

そして。。。

Y「お兄ちゃんの全部。。。受け止めてくれる??」

私「。。。どうするの??」

Y「。。。こうするよ。。。」

Yちゃんの顔が私の顔に近づいてきた。

そして濡れている割れ目にYちゃんの硬いものが入り込んできた。

ぐちゅっ。。。ずぷっ。。。

私「。っ!!!おっ、お兄ちゃん。。。」

Y「今ね。。。べべとお兄ちゃんは繋がってるんだよ。。。気持ちいい?」

最初はゆっくりだったがだんだん早く動き出した。

声も止まらない。。。

私「あっ。。。んっ。。。んぅ。。。気持ちいい。。。よ。。。」

べべと私の名前を何度も呼びながらYちゃんは私に体重をかけてくる。

Y「俺もやべー。。。気持ちいい。。。中に出してもいい?」

それはダメ!!と拒否をするが気持ちよさが優先しているから説得力がない。

そして私の胸に吸い付いたり、首筋に吸い付いたり。。。

跡がきっと残っているくらい。。。

強く吸われていた。

Y「。。。っ!べべ。。。俺、責任とるから。。。中に出すよ。。。」

私「。っ!!本当にダメ。。。ダメだから。。。いやっ、いやだ。。。」

そして腰の動きが更に早くなりだしたからそろそろ出されると思い私から腰をひこうとした。

その時。。。

ズルッと抜かれて私のパイパンに向かって勢いよく出された。

えっ?とは思ったが。。。中に全部は出されてない。。。

でもかかってるから少しは中にはいってしまうかも。。。

考えながら息を整えるのに必死だった。。。

Y「。。。中に本当は出そうかと思ったんだけど。。。付き合ってないのにね。。。」

そしてYちゃんは優しくキスをしてきた。

ティッシュで吹いて私はシャワーをあびた。

布団にゴロンとしてテレビを見ているYちゃんのそばにいって髪の毛を少し触った。

Y「べべちゃん。。。これ。。。」

指をさしている方向に目を向けた。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 指をさされたほうに目を向ける。そしたら。。。先程あん...

  2. 私は、新しく入ってきた人達となかなか馴染めなかった。今ま...

  1. …行ってきます!ネット環境がわからないので繋がらなくて...

  2. 不信感。

    2013/10/10

    映画の次の日、学校でYと会った。「昨日はごめん。本当に忘...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

1/19 編集部Pick up!!

  1. 7年交際で妊娠 彼の態度が変化
  2. 毎日電話し行動把握したがる義母
  3. 「小さいペット」に名前つけるか

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3