コンビニ店員の諸々

お暇なら見てよね(о´∀`о)

  • 記事数 2110
  • 読者 276
  • 昨日のアクセス数 880

夜ベス:なまぬるいマイルール

しおりをはさむ

2016/10/23 21:59:41

  • 18
  • 0

心に一点の曇りもなく生きて居りたい
ワシはそんな風に思っておりやす

誰にも、何にも縛られずに
いつも自由で軽やかでおりたい
柔軟で優しくおりたい
そんな風にも思っておりやす

なんとなくなワシの生ぬるいマイルール。

ひとつ。
何かを計る物差しは常にその都度自分で作るデス
他人の作った物差しはその人のもので
自分の尺度とは違うし、自分の物差しも
もし古くなったら新しくする、いつも最新に。
何かを計るという人生の重大な行為の際に
他人の物差しを使う事はしねぇ主義っす。

他人の物差しに(価値観に)振り回されるべからず。



ひとつ。
楽しくねぇルールは嫌いっす。
不要なルールは作らねぇっす。
他人のルールはあくまで他人の物だから
誰かのルールはワシ、重要視しねぇっす。

他人のルールに縛られるべからず。
勿論自分のルールだって同じっす。



ひとつ。
自分が拘っておるのはどういう事柄か。
自分の生きる信念に関わる事か。
その拘りで何を得て何を捨てるのか。
その拘りは本当に拘りか。
それはただの意地ではないか。
意地と拘りは非常によく似ているが
全く違う似て非なる物だと思うデス。
意地ならいらない、ぽいぽい。

意地を張らない、意地など不要。



ひとつ。
迷いのない人などいない、後悔のない人もいない
間違えない人もいないが人は何度もやり直せない事もない
人は生きていれば時に人を傷つけるし傷つく
誰かを闇雲に傷つけるのはワシは好かんが
気づかずに止むを得ず傷つける場合もある
間違った時は詫びて許しを乞う
間違った事を改めて次は間違わぬよう気を付ける
間違っていると思う人にもその人なりの理由があるかも。
誰かをやみくもに責めない、
話して理解する努力を惜しまない
誰かを責めるのは最後の最後、どうしてもの時だけ。

迷って良い。
後悔してよい。
間違えたら、やり直す。
ごめんなさいをケチらない、ためらわない。
出来ればごめんなさいは一度限りで。
そうしてごめんなさいと言う人を
あんまり責めないであげたい。


本当は、森羅万象に決まりなどないと思う。
全ては良きに計らえば良いと、思う。
良きに計らうとは、適当にするのではなく
より良くなるように取り計らう
という事に他ならない

生きていれば色んな事が毎日ある。
生活の中では色んな事が。
うんとたくさん。

そんなかで
人は一人残らず幸せになってよい。
人は人生を楽しんでよい。
幸せを求めたり、楽しむ事に
遠慮なんてしなくてよい。

これがワシのマイルールっす。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 私はまだまだ自由じゃない。私を守ってきたいくつも「掟」に...

  2. 私はよく気が強いと言われる相手が誰であろうと言い...

  1. 『むしろ俺はナナタに嫉妬した』爆発した時の、コータの言...

  2. 人は、愛や生活の安定心のやすらぎなどを自分以外のとこ...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

7/25 編集部Pick up!!

  1. 保育料8万円超 パートじゃ非効率
  2. 未婚なら複数交際するのはありか
  3. 彼氏にLINE誤爆され別れを告げた

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3