恋愛記憶帳

楽しいSEX、切ないSEX、忘れられないSEX、思い出した順に書いていく気まぐれ

  • 記事数 37
  • 読者 48
  • 昨日のアクセス数 1053

ワンナイトYちゃん 6

しおりをはさむ

2016/10/23 08:59:24

  • 4
  • 0

あ~ぁ。。。

しちゃった。。。

キスしちゃった。。。

私「。。。しちゃったね。。。」

Y「。。。嫌じゃないだろ?じゃー。。。」

更に唇を触れさせる。

それに答えるように私もキスをしている。

だんだん激しくなりだしてYちゃんは私の上にまたがり顎を抑えてキスからディープキスをしてきた。

私「。。っ。。。Y。。ちゃん。。。苦しい。。。」

口に隙間を作りながら頑張って話した言葉。。。

Y「あ~ぁ。。。せっかく我慢してたのに。。。べべちゃんのせいだよ。。。俺のこと誘ってきたんだろ?」

私「。。。っ。。かもしれないね。。。」

そしてYちゃんは荒々しくキスをまたしてきた。

舌をYちゃんの舌に絡ませた。

甘噛だが私の舌を噛んでくる。

時折チクッと痛い。。。

Y「。。。俺。。。べべちゃんがきっとMなんだろうなとは思ってたけど。。。Mだし。。。淫乱だね。。。もっと泣いてよ。。。」

私の着ていた服を脱がされた。

私「。。。っ。。。変態。。。」

Y「あっ?どっちが??べべちゃんこんなに胸大きかったっけ?隠してたの?ほら俺に胸見せてごらんよ。。。」

ブラの上から大きく円をかくように揉まれる。

Yちゃんの口調が少し荒くなってきている。

Y「。。。半年ぶりにSEXするんだよね。。。べべちゃんの体で楽しませてよ。。。あっ、俺性欲強いから最低3回は精子出せるから。。。」

私もいつにしたっけと考えてはいたがそんな考える暇がないくらいYちゃんは荒く舌を私の中に絡ませてくる。

そしてツバも。。。

Y「俺の飲めよ。。。ツバ。。。」

ゴクンと音が出てしまった。。。

私「。。。怖いよYちゃん。。。」

Y「今更?俺べべの体を早く触りたくて仕方なかったのに。。。ほら。。。」

Yちゃんはジーパンを脱いでボクサーパンツ1枚になった。

パンツ越しにわかるYちゃんの大きさ。。。

長かった。。。

入るのか心配。。。

Y「俺のチンコの前に顔近づけて。。。そう。。。ほらこれ舐めろよ。。。」

口の中に入り切らない。。。

苦しいながらもフェラをする。

べべ。。。と言いながら私の頭を手で抑えて腰をふってくる。

うっ。。。ぐっ。。。おぇっ。。。

苦しくて吐き出しそうになる。

Y「いいね。。。俺の咥えながら苦しそうにしているべべを今独り占めしている俺。。。彼氏に見せてやりたい。。。他の男のチンコをこーゆー風にべべは咥えてますよって。。。ほらもっと奥まで咥えて。。。」

ドSってこーゆーことなのかな?

私は今までこんな言葉をかけられながらしたことはないから分からないが無理やり口にいれなくてはならないのは嫌だった。。。

私「苦しい。。。よ。。。」

Y「口の中に出したらダメ?」

私「!!それだけは嫌なの。。。」

口の中に出したがっているようだ。。。

Y「。。。じゃー自分で胸の谷間を作って。。。そう。。。俺のチンコをそれではさんで。。。ヤバッ。。!!」

言われるとおりにした。

パイズリをして喜ぶYちゃんを見て私も少し嬉しかった。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/3 編集部Pick up!!

  1. 夫の前妻が友人とママ友だった
  2. 30代がカチューシャしたら痛いか
  3. 既婚者になった元カレから電話

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3