ブログランキング47

性感マッサージが気になって‥‥

セックスレス・エッチでイッたことがない。でも性欲はあるし気持ちよくもなりたいし。

  • 記事数 171
  • 読者 1752
  • 昨日のアクセス数 7398

男性セラピストさんのサロンに、入ります

しおりをはさむ

2016/10/20 17:59:32

  • 60
  • 0

いろいろ妄想したり、心配したり、
頭の中で堂々巡りしていても
来るべき時間は、来てしまいます。


サロンのあるマンションまで
このカフェからなら1分もかからない。
すぐ、そこ。
時間は午後6時少し前。

もう、予約した時間です。


まだ不安もあったし
完全には気持ちの整理もできてはいなかったけど
とにかく

「時間に遅れるのは申し訳ない」

という気持ちだけで、
カフェを出て
サロンの方向に歩き出しました。


サロンが入っているマンションには
すぐに到着。


明るくてキレイなマンション。
ちょっと豪華な感じもします。
玄関ホールに入ったら
《呼び出し板》
がありました。


お部屋は何号室だったかな……


スマホにメモしてあった
ホームページのサイトの
「地図・アクセス」を見てみます。

すぐに分かりました。


「○○○○(部屋番号) → 呼出」


ピンポ〜ン♪ と呼び出す音。


「はい、▫️▫️▫️(サロンの名前)です」


呼び出し板のスピーカーを通してですが
優しくて、穏やかな声でした。


「あの、予約していた○○(私)です」

「はい、お待ちしていました。どうぞ。
 少し進んでいただくと
 エレベーターがありますので
 ○○階の、○○○○号室まで、お越し下さい」


そしてオートロックの扉が開きました。。。


マンションの1階は
少し奧まで続く
これまたキレイで明るい廊下があって
その廊下の一番奥に
エレベーターがありました。


サロンはこのマンションの中の
比較的、高層階。


他の住人さんと
一緒に乗り合わせることは
ありませんでした。


エレベーターは途中止まらず
一直線に、サロンのある階に。


エレベーターの扉が左右に開きます。
開く瞬間、また緊張しました。
未知の空間。

この先、どうなっているのかしら!?
いきなりお部屋!?
セラピストさんが立っていたらどうしよう…


けれど、そこにはまた廊下。


普通のマンションの中にサロンがあるので
部屋番号が分からないと
探し当てられません。


でもすぐ右手のちょっと奧の方角に
キレイなお花のリースが掛かっている扉がありました。


「あそこ、かな!?」


そのリースに向かって歩きます。
扉の前に来ました。
部屋番号を確認します。


○○○○号室


間違いありません。ココです。
もう、メチャクチャ緊張します。。。


でも……入らないわけにはいかない。
意を決して、チャイムを鳴らしました。


ドアの向こうで、
ピンポ〜ン♪ という音。


そして何秒くらい経ってからでしょうか……


ガチャてカギを開ける音
そしてドアノブが回って
扉がこちらに開いてきました

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/6 編集部Pick up!!

  1. 復縁した彼の上から目線な発言
  2. ママ友からLINEで絶縁宣言された
  3. 好きな男性の家に女物が増えてた

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3