エリさんのブログ

  • 記事数 44
  • 読者 2
  • 昨日のアクセス数 47

4月の庭木

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 短編

2016/10/20 00:08:21

  • 1
  • 0

4月になり、庭技には一輪の庭桜の花がついていた。
そして…妻には内緒にしてるが捕まった人は驚くことに彼女と婚約したが破棄されてストーカーした野郎だった。
仕事が上手くいかず退職、彼女のことを調べ上げ犯行に及んだらしい。
snsに結婚と出産など幸せな記事がずらりと並び、それを崩してやりたかった"という犯行動機。
独身のときよりも女性らしく綺麗な体つきをしてたのを目の当たりにし、悔しかったらしい。
そして最初は子供は先にベビーカーなどから出して叩きおとすと脅す算段で子供のベビーカーに手を伸ばし人質取りつつ金せびるだけにするつもりだったが勘付かれ逃げられた。
焦って捕まえたついでに体を押し倒した。激しい抵抗が来たので金を全て渡すなら消え去ると言って彼女の手持ちの金を分捕ったらしい。

あの時から彼女は犯人に触れられ、汚れたとばかり泣き続けていた。
祖母は妻の服装にケチつけぐちぐちいう。
独身のときの服を着てるたびにそんなもん着てるからだとばかりに非難轟々たれていく。
彼女は日に日に拒食症に近い状態までなっていった。
その妻を俺は幼い息子と共に寄り添うようにそばにいるしかできなかった。
妻が笑顔を見せたのは息子が庭桜の花を見つけ指差して発した言葉だった。

かかと呼んでは抱っこしてる妻の顔覗いて来る笑顔の息子を見て、妻は子供を抱きしめた。
おれは妻を抱き寄せ今年度初の愛してるのぞ、
来年は綺麗な花咲かすだろうなとつぶやいてから
"お前は汚れてなんかない、愛おしくて仕方ない俺の家族以外何でもない"と繰り返すと本当子供のように泣き出し、しばらくして笑ってくれた。

時が少しづつ進み気が付けば息子は1歳半
俺をとぉと、妻をかか、同居する俺からしてのおじをじぃ、おれの祖母をおーばあと呼んでいた。
彼女は心の病に苦しみつつも、彼女なりの愛情を息子や俺に示してくれる。

夜に息子の寝付いたのを狙い妻とまったりとした二人の時間を過ごす、寝る時妻はいつも俺に抱きついて寝息をたて始める。あんずオイルのシャンプー使ってるせいかいい匂いがした。
擽ぐったいカンカクに襲われる。
妻の頬にそっとキスを落とした。
妻の笑顔はいつになく美しい月明かりのもと綺麗に映えた。

月が綺麗ですね…
窓から見える満月を、ちらっと見た妻がつぶやいた

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 黒い夜まだ雲は銀の月隠してる草むら深い茂みの向こうで...

  2. 月夜。

    2015/06/29

    夜間飛行中の機内の窓外の写真が届く美しい闇に輝く星達...

  1. 決算です。今年の8月はむちゃくちゃ忙しく。日次処理...

  2. 浅田真央選手、現役復帰❗❗真央ちゃん…彼女は美しい女神...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/10 編集部Pick up!!

  1. 義母に人格否定されていて悲しい
  2. アレルギー食品除去で「くる病」
  3. 浮気疑惑と夫の発言で虚しくなる

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3