ブログランキング11

Hypnotic

藤田先生と千晴編。

  • 記事数 161
  • 読者 1119
  • 昨日のアクセス数 29797

テーマ:小説 > 恋愛

2016/10/19 22:39:16

  • 101
  • 0

程無くして、凛太と母が帰ってきた。

「急いでご飯作るからね、碧、凛太をお風呂入れてやって」

洗面所で母が、手を洗う前の凛太の服を慌ただしく脱がせて、私に手招きをした。

「あおいちゃん、はいろ~っ」

「うん、入ろっか」

無邪気な凛太の前で制服、下着を脱ぎ、洗面スペース内を隅々まで見回した。
義父に見つからない、下着を隠せる場所。苦肉の策で、洗濯機と壁の間に丸めたショーツを埋め込むように隠した。

凛太は不思議そうな顔をしていたが、ここは仕方ない。その後二人で浴室に入り、自分の身体を洗いながら凛太の身体を洗ってやった。

「凛太、数数えてー」

「いーち、にーい、さーん、よーん、・・・」

10まで数えたら出る約束。

二人で温かいお湯に浸かり、ふうーと至福のため息をつく。何気なくドアを見たら、すりガラス越しに動く人影が見えた。

…吐き気がした。


毎日ではないが、週に何度かは義父はやっぱり洗面所に来ている。
何かが変?という淡い違和感は、日に日に確信と変わってゆく。

使用済みのショーツと脱いだブラジャーさえ見られなければ、後は目を瞑ることにした。


ひどい嫌悪感に苛まれながら、凛太には笑顔を見せてお風呂から上がる。

凛太が歌っている、保育園で覚えてきた歌が、私の眉間の皺を取り除いてくれた。


そうだ。
凛太もいるのに、義父は何を考えているんだろう…


母の幸せと、凛太の幸せを守りたい。
だけど、私の幸せは誰が守ってくれるんだろう?

凛太が居間に走って行ったのを見送り、洗濯機と壁の隙間に挟み込んでいた、使用済みショーツを引き出し、私は自分の役割である洗濯を始めたのだった。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/4 編集部Pick up!!

  1. 礼服を着て出社しようとする夫
  2. 未婚に祝ってほしい新婚女性
  3. 週2日 子を預けてリフレッシュ

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3