エミーさんのブログ

  • 記事数 78
  • 読者 35
  • 昨日のアクセス数 21

2016/10/19 20:34:04

  • 11
  • 0

ともちに電話をかけるとすぐに出た

「もしもし…」
なんだか機嫌が悪そうな声…

「今、バイト終わったから、今から出るけど、どこに行けばいい?」

「ここまで、車で来てるか?」

「うん。」

「じゃ、あそこの店で待ってる」

「わかった。向かうね」

なんか機嫌が悪そうで、嫌な予感しかしなかった


言われた店に行くと、ともちはもう着いていた。ともちの向かいに座る。

何も言い出せずに黙っていると、

「店長、男前だな。いつもあんな感じ?」

「あんな感じってどういうこと?」

「あんな近くで、話すの?お前に気がありそうだな。お前はあいつのことどう思ってんの?」

「どうって…。店長は店長って感じ。」

「好きなのか?」

「そんな感情、持ったことないよ。」

「ほんとか?あいつは間違いなくお前のこと狙ってるぞ。」

「狙ってるわけないじゃん。何、妬いてんの?連絡もなくて、いきなり現れて、そしたら店長とのこと疑わられて。私何も悪いことしてないよ。ともちのが女といろいろやってるくせに、私が悪いことしてるみたいなこと言わないでよ!私は、最近、学校の勉強の事や、実習の準備のこと、あとバイトもしなくちゃいけなくて、毎日バタバタしてて、遊んでるわけじゃないのに、どうしてそんなこと言われなきゃならないの?もう、相手のこと信じられなくなったら終わりだよ。別れよ。さようなら。」

と言って席を立った。

「待てって!」

って言われたけど、無視して、振り返らず、家に帰った。


そのあと何度か電話がなった。

メールに

もう、お別れしよ。楽しい思い出をありがとう。
仕事頑張ってね


といれた。

ともちからは

そっか。わかれたいんだな。
わかった。
こちらこそありがとう

とはいっていた。


こうして、私たちの恋は、おわった。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/3 編集部Pick up!!

  1. 30代がカチューシャしたら痛いか
  2. 職場の結婚祝いに戸惑う女性
  3. 公務員に内定で「日本も終わり」

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3