ブログランキング43

一生忘れることの出来ない恋

たくさんの人に応援していただいたミユとHIROの恋。ゆっくり更新していきます。

  • 記事数 330
  • 読者 1342
  • 昨日のアクセス数 8225

ユウタの実家2

しおりをはさむ

2016/10/20 04:49:05

  • 149
  • 1

『ねぇ私、まさか今日いきなりユウタの実家にいくとは思ってなくて、こんな格好なんだけど大丈夫かな?!』

車を降りて全身をみてもらった。
ユウタが笑う。

『大丈夫だよー。
それに、俺だって流れでミユの実家に行ったぜ?』

そっか。そうだった笑。


ユウタの実家に着く。
マンションの二階。
エレベーターの中で、心臓が口から出そうなくらい
緊張してしまう。


『ただいまー。買ってきたよー。』
ユウタがドアを開ける。
『あーありがと!』
部屋の奥から声が聞こえる。
『あと、彼女つれてきたー』


パタパタとスリッパをはいて走る音が聞こえる。
お母さんはちっちゃくて
美人な人だった(さすが沖縄うまれ!)。

『こんにちは。』
頭を下げる。
『こんにちはー。山口さんよねー?
名前は聞いたことあるのよね。』
『あ、はい山口ミユです』
『よろしくねー。』


挨拶をして上がらせてもらった。
ユウタがコーヒーをいれてくれた。


すると、お母さんが
『私、これから出掛けるから!
ごゆっくりー』
と嵐のように去っていった笑。

ポカーン。と取り残された
私とユウタ笑。

同じテーマの記事

コメント1

しおりをはさむ

  1. マナカさん(90歳)ID:5804583・12/22

    ユウタくんのお母さん ウチナーンチュ。小柄で…ってとこまでは、私も同じ〜(*^o^*)
    沖縄 ってだけで、イチャリバチョーデー 的なセンサーが働いてしまいます。

関連するブログ記事

  1. のっぽ君「実家に電話しても誰も出ない。もう、ミノちゃんの実...

  2. ラブホをチェックアウトして、車を1台にするために一旦シュンの...

    一歩ずつ

    • 108
    • 0
  1. ドアを開けて「ただいまー!」とユキが大きな声で言うと、すぐに...

  2. おせち料理も美味しく頂いて、食後のデザートにわたしが焼いたケ...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

1/20 編集部Pick up!!

  1. 「水商売経験」バカにされ物申す
  2. 妊娠中に席を譲られて戸惑った訳
  3. 「祝儀額」で姉と意識の差が出る

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3