エミーさんのブログ

  • 記事数 78
  • 読者 28
  • 昨日のアクセス数 26

2016/10/19 19:22:18

  • 12
  • 0

この時、ともちが私のバイト先へ来て来れた時は、距離を置いて4ヶ月が過ぎていた。

だから、あったのは、あの日以来だったから、4ヶ月ぶり。

何を話したらいいのかわからなかったけど、とりあえず、自分の仕事をこなした。

この日のバイトはレジと受け入れ。お客さんが来たら案内係に何名あの席に案内してなど、指示を出す係だった。レジ番はレジから絶対に離れてはいけない。用があって、離れる時は店長やママが来た時、従業員に頼める時しか、あけてはいけなかった。

なので、伝票の整理や店の席の入り具合などのチェック、などをしていた。


このレジの係は、私は大嫌いだった。1円でも合わないと、帰れない。

10時くらいになり、お店の混み具合も落ち着いて来た頃、店長が来た。

「お疲れさん。売り上げどう?1日の売り上げは達成してます。」

「そっか。俺、ここにいるから、ホールの仕事、頼む。それと、ママが今、休憩中だから、終わったら、レジのとこに来いって言っといて。」

「はぁーい!」

「めぐ!!」

「なに?」

「今度…空けれる日あったらあけとけ。」

「何で?」

「いいから。あけとけよ。」

「はーい」

と話していると、ともちがこちらを見ていた。私は、気づかないふりして、ホールの接客をしたり、オーダーしたりしていた。

ドリンクに入ると、ヤマがいて(ヤマはなかなかイケメンだけど口の悪い奴でした)、

「ねぇ。店長に都合あけとけって言われたけど、言われた?」

「はぁ?言われるわけねーじゃん。お前口説かれたのか?彼氏いんのに。」

「距離、置いてんの、彼なのか?」

「いちおーそうだろ。今彼来てるんだろ?見てた?お前と店長のやりとり。」

「多分ね。」

「彼、ヤキモチ妬くか?」

「知らん」

「何で知らんの?」

「知らないし!」

「でも、店長はお前のことお気に入りだからな、彼氏来てるなら、多分何かテンションかけたいんじゃねーの?お前、鈍感すぎ!」

「はぁ?店長が、私のこと相手にするわけないじゃん。あんなかっこいい人が私を相手にするなんて奇跡だわ!」

「どうだろね。なんかあったら教えろよ!」とニッと笑って言った!

まぁいいや。と思い、厨房に入り、友達に、店長、かなり気合入ってんぞ!

と言っていた。何のことかさっぱりわからなかった。


お客さんも帰り始め、片付け始めたりしていた。メニューを1枚ずつ拭いてしまったり、ガスターを洗って消毒したり。洗い物の手伝いに入ったりした。

11時半になるとレジ締めをするので、この前に売り上げの計算やら、レジに入ってるお金と売り上げ金額があってるかを確認する。この仕事が1番厄介で嫌い。

どうか、今日は一発で合っていますように、と唱えながら毎回していた。

この日は2回やったら合っていたので、自分も仕事が上がれるように、各席の片付けが済んでいるかを確認していく。だいたいできていれば、バイトは上がれるので、事務所へ行きタイムカードを押していた。

更衣室でしばし、女子達と話す。

ともちが来ているからだ。私は、正直、あまり行きたくなかった。できれば、逃げ出したい。

でも約束したので、電話をかけた

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 初体験

    2014/09/02

    17歳の時初めてのバイトは理髪店だった。店長さんと、見...

  2. 直訴。

    2015/02/22

    土曜日。この日は珍しく桔平店長がウチのお店に入りました。...

  1. 心配していた土曜日。この日の私のシフトは10時から14時ま...

  2. 私と彼の出会いは、10年以上前。当時、同じ職場の同僚でし...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

9/22 編集部Pick up!!

  1. ママ友の発言にドン引きした
  2. 育休復帰時既に妊娠3か月の同僚
  3. 子持ちが羨ましくて退職を決意

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3