ナオブロ

恋愛ー片思い両思い♡イロイロ♡読みづらかったらごめんなさい

  • 記事数 130
  • 読者 49
  • 昨日のアクセス数 13

2016/10/19 21:56:02

  • 10

誰かに見られてる気がして、
なかなか手を繋げなかった。


「ねぇ嬉しい??」


『何が?』


「私と一緒に帰ってること!」


『うん』



「うふふ♡」


嬉しくてミチの腕にくっついた。




次の日…


教室に入るなり、私とミチの机だけがくっついている、早速かよ、この展開!


机を離し席に着くと、やっぱりクラスの男子たちにからかわれる!!



『ミチヤと結婚するのかー笑』
『キスしろよー』

とか…笑

「うるさい!!羨ましいんでしょ!!」

と笑って返した。



女の友達からも、質問がいっぱいくる…



適当に流していると、先生が教室に来て
騒ぎは一旦収まった。



先生が来てくれて、心からありがとうと思った笑



その後も、ミチが学校にくれば
一緒に帰るという日々が続く。



初めはからかわれたけど、そのうちに
私とミチが一緒にいるのは当たり前で
誰も何も言わなくなった。



恐れていたしおりも、
あれからは何も言ってこない。




いつの間にか、季節は秋に変わっていた

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. 昭和の末に高校時代を送って私。 その中に変に忘れられない授...

  2. 出席番号番号順に席に着く。担任の藤木先生の指示で、男子は左...

  1. 相葉「分かった!じゃあ今日の放課後教えるから教室来て!」私...

  2. 話しているとお昼休みが終わるチャイムが聞こえてきた。私は起...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

4/25 編集部Pick up!!

  1. 20・30代で育児する体力の違いは
  2. 略奪狙っていた先輩が結婚し動揺
  3. 名づけを従姉妹にダメ出しされた

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3