*KARI's 小説置き場*

はじめまして♡ KARIと申します。 恋愛小説、リクエストでBLも♡

  • 記事数 112
  • 読者 25
  • 昨日のアクセス数 298

花嫁と祓魔の騎士 13

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 男女関係

2016/10/19 16:53:00

  • 1
  • 0

雨の中
泣いている小さな子供。

まるで、昔の自分自身かと思ったの。

そしたら、
ほっとけなくて、
手を差し伸べていたのーーーーーーーーーーー。









花嫁と祓魔の騎士 13



ハルはゆっくりと私から離れて行った。
ガウンを掛けて、露わになっていた身体を隠してくれる。


私はホッと息を吐きながら、
ハルを見た。


ハルは黙って横を向いたまま、
体はこちらに向けていた。


「ハル、何があったんですの?
私は何かしてしまったの?」


ハルはじっと俯いていたが、
やがて顔をあげて、私をブスッとした顔で睨んで来た。


「…誰にでも…優しくすんな」

「…えっ?」

「…ヨハンにハンカチ貸しただろ」


なぜ貸したんだ、と、拗ねた声で問われて、
私は面食らってしまった。


続く

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 私とハルちゃんの会話が夫婦漫才みたいで楽しいと言ってくださる...

  2. 「ぅんん…ダメだよ。。。ハル。。」漏れる吐息と熱くなり始め...

  1. ハルと触れた唇。キスされただけなのに、躰中が熱を帯び、ハルと...

  2. 「アッ…!」ハルはアンネの手を掴んで、ゆっくりと亀頭を...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/10 編集部Pick up!!

  1. 義弟嫁が妊娠しお下がりを催促
  2. 流産後の義母の態度にショック
  3. 隣から「うおー」と男性の叫び声

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3