ブログランキング19

ジンさんのセックス~時々 妄想

昔のエロ話書いてます!妄想あり。あの人と再会したら?官能&恋愛小説も書いてます!

  • 記事数 1364
  • 読者 2168
  • 昨日のアクセス数 16905

小説)女心と空模様21

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 恋愛

2016/10/19 17:52:21

  • 122
  • 3

私はときどきコーヒーを飲みながら、漫画を読んだ。気がつくとコーヒーはなくなり、また温かいコーヒーに変わっている。最初はソファに座っていたが、そのうち先輩に言われるまま、ソファに横になった。
「気遣わなくていいから」
その言葉に甘えてしまった。

何度漫画を本棚に取りに行っただろうか……
「山田…」
先輩から声をかけられ、漫画から視線を上げる。
「え……」
窓の外は真っ暗になっていた。
「あれ?今何時?」
「もう7時だよ…」
「やだ……時間忘れるくらい没頭した…」
榊先輩がクスリと笑う。
「俺は面白かったぞ?」
「なんで?」
「だって、お前 顔が怒ったり泣いたり色々変わるから……」
「あ……すいません…」
「いや…気にしなくていい……あきない…それより腹減らねーか?」
「そう言えば……すいたかも?」
漫画に没頭していたから、よくわからない。私の顔を見て、榊先輩が大声で笑う。
「わからねーくらい集中してた?」
「してた……」
榊先輩の笑いに誘われて、私も笑えてくる。

「じゃあ、今度はイタメシでもどう?」
「イタメシー!うん行く!」
「漫画はまた今度来たときに読んだらいい」
「うん!」
漫画をしまって、二人で先輩の家を出た。

車に乗って、街へ。そこは榊先輩のおすすめのイタメシ屋。何度も来たことがあるとのこと。駐車場に車を停める。そこには見たことのある車。先輩は気がつかなかったみたいだ。

「いらっしゃいませ!」
「二人です」
「ではこちらへどうぞ!」
店員に案内されたテーブル席。カウンター越しに見えるのは石窯。
「先輩、おすすめはピザ?」
「ああ…カリカリでチーズとろとろで旨いぞ!」
「あーお腹すいてきた!」
駐車場で見た車のことなど忘れてしまう。

榊先輩は慣れた様子で注文していた。時々、私に嫌いなものがないか確認してくれる。

やっぱり優しいな……

ただ後輩として、優しくしてくれているとは思ったが、それでも私は嬉しかった。

同じテーマの記事

コメント3

しおりをはさむ

  1. ベベさん(50歳)ID:5439898・10/19

    待ってましたぁ、鬼軍曹!!
    で、誰と?明美ちゃんじゃない気がするけど。ワクワク。(^^♪

  2. ヴァネッサさん(38歳)ID:5439459・10/19

    😱😱😱😱😱

    鬼軍曹もデート中⁉

  3. ユイさん(34歳)ID:5439120・10/19

    あら、まさか鬼軍曹と明美さんが…?

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/4 編集部Pick up!!

  1. 夫のボーナス三桁って当たり前
  2. 礼服を着て出社しようとする夫
  3. 結婚式に乳児を連れて行くか悩む

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3