シホとのんちゃんとむすことねこたち。

のんちゃんとのんちゃんそっくりな息子と猫達に振り回される毎日…でもHappy*

  • 記事数 225
  • 読者 476
  • 昨日のアクセス数 708

仲直り、2

しおりをはさむ

テーマ:恋愛 > カップル

2016/10/19 21:03:57

  • 67

チナツちゃんと新垣くんを帰し、戸締りをして、カフェでのんちゃんと2人きりになる。

「のんちゃん…一昨日はごめんなさい。
私、のんちゃんの気持ち考えられてなかった。」

「ううん、俺の方こそごめんね。
ちょっと余裕がなくて…シホちゃんに当たるみたいなっちゃった。」

あぁ、やっぱりそうだよね。
色々悩んでる時に、せかせかされたらイラつくよね。

何にも言わないで黙ってしまっていると、カフェのスタッフルームに連れられていき、ギュッと抱きしめられた。

「のんちゃん…」

「ごめん。
シホちゃんだって不安だよね。
2人のことなのに、1人のことみたいに考えちゃって…」

「ううん。
大丈夫。
今日しっかり話し合いたくて、会いに来たの。」

「そっかぁ。
そうだよね。
ありがとう…」

「う、うん…だから…のんちゃん(笑)
ちょっとここでは恥ずかしいから、離して?」

「え、何で?」

「だって!
もし誰か急に戻ってきたら…あと、社長さんとかが年末の挨拶に来るかも。」

「来ないよ(笑)
誰も忘れ物とかしてないし。
社長は今日の昼間に挨拶に来たからもう来ない。」

そう言うとシホの頬を撫で、キスをしはじめた。

「んー!
のんちゃ…だめっ!」

長いキスをした後、息ができなくなり、ぷはっと唇を離す。

「…なんか…興奮するね♡
このシチュエーション…」

「は…?」

ま、まさか…

シホのスカートの上からお尻を触り出す。

「ちょっとー!
ここじゃむりっ!」

「えー…だめ?」

そう言いながらスカートの中に手を入れてくる。

「やっ、…んっ」

内腿を撫でられ、ゾクッとする。
こんなとこで…絶対ダメなのに。
自分が興奮してきているのが分かり、戸惑った。

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. 「竹田に出てくるなって言われてた。騙すようなことしてごめん。...

    春の風

    • 395
    • 20
  2. ヨシオの話を聞いて、ヨシオの忘れられない女性が憎くて仕方なか...

  1. 正当なジャッジが下されるのか……分からない。だか...

  2. 赤石さんと友ちゃんが桃鉄を辞めて、こたつに来た。さすが...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/10 編集部Pick up!!

  1. 彼に退職金の700万使い込まれた
  2. スーパーで見かけて驚いた家族
  3. 年金受給日前の義母の行動に怒り

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3