ナオブロ

恋愛ー片思い両思い♡イロイロ♡読みづらかったらごめんなさい

  • 記事数 130
  • 読者 45
  • 昨日のアクセス数 28

2016/10/19 09:59:22

  • 18

(ミチ…)


心の中でつぶやく…
そして後ろを振り返る。
きっと私、ひどい顔をしていたのだろう。



『ちょ、、どうしたんだよ。昨日早く寝たの?』



「うん… ごめんね。」



そのまま手を引かれ、ベランダを出て
プールの裏手に回った。



『なんかあったのか?』


どうしよう…
本当のこと言っていいのかな…
迷っていると、


『早くなんとか言えよ…』


ミチの真剣な横顔を見て、
話す決意をした。




「あのね… 昨日の帰り道、しおりに会ったの。私とミチは似合わないって。他にも怒鳴られてなんか疲れちゃった…」




『は?なんだよあいつ…
それになんですぐ俺に言わないんだよ…
あいつの言うことなんか気にするな。』




「しおりはね、本当にミチのこと好きみたいよ」



『だから何?』



「……」



『そんなこと関係ないだろ』



目に溜めていた涙が溢れてきた。



「好きって言われたら、嫌な気しないでしょ?
そのうち、しおりに行っちゃうかもしれないじゃん…」




しばらく沈黙が続いたあと、
口を開いたのはミチだった。



『おめーは俺の気持ちがわからないのか?』



そう言って立ち上がり、私の前からいなくなった…


ミチは怒っていた。



私は悲しくて悲しくて、
その場で泣いていた。

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. その日は結局、ミチは学校に来なかった。気が向かないので部活...

  2. 悲しくなってきたと人前で泣いたのは、人生で三人目か?ヒ...

  1. 面接の話をルイ君に話すと、すぐ私をアパートに呼び出す。...

  2. 二日目の夜はキャンプファイヤーがあった。そして、フォ...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

7/28 編集部Pick up!!

  1. 浴室乾燥中にシャワーを浴びる夫
  2. あり得ない発言する義叔母が苦手
  3. お土産の催促をする図々しい友人

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3