ソレンヌさんのブログ

  • 記事数 301
  • 読者 140
  • 昨日のアクセス数 396

2016/10/19 19:06:38

  • 5
  • 0

あゆは涙を拭きながら、話し出す

「ゆみは本当のバカだ!一人で悩んで抱え込んで....本当に大バカだ!あほー!ボケー......」
最後は言葉にならず大泣きを始めた。

私も一緒に泣きまくった。

あっくんも、あゆの旦那も目がウルウルとしていた。

部屋には、泣き声だけが響き渡っていた。

あゆの旦那が私に向かって

「ゆみちゃん?あゆの友達で居てくれてありがとう。
こんな友達がいるあゆは幸せ者だよ。あつし、ゆみちゃんを大事にしてくれよな」
「俺...こんなに悩んでるとは考えもしなかったし、今までこいつの何を見てきたんだろう...情けない」

男が泣く。女が泣く。

「ごめんね。こんな話して...本当にごめん。思い出させてしまって...あゆ...ごめん...ね」

あゆが立ち上がり、私の前に来て平手打ちを...
バチーン!!

「あゆ?」
「ゆみ!バカすぎてヘドが出るわ!次は、まぁの分!」

二回目の平手打ちが飛んでくる
バチーン!

私は頬を手で押さえてあゆを見る。

「あゆ!止めろ!」
「あゆは、まぁが亡くなったとき、誰のせいにもしてない!それやのに、ゆみは自分のせいやって勝手に決めつけて周りに心配かけて、一度でもゆみが悪いって言った?あゆ、悲しかった!いつも側にいてくれたゆみが側に居ない事に悲しかった!それなのに...それなのに...」

あゆにも想いがあって、悩んでたのは私一人じゃなかった。
それなのに、私だけが悩んでると....

涙が止まらない。情けなくて...情けなくて...
涙で顔がグシャグシャになり、赤くなった頬を押さえてると、あゆが寄ってきて

「痛かったね。ごめんね」
と、優しく頬を撫でてくれ、余計に涙が溢れ出てきた。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 再会

    10/10

    まぁのお墓です。来たくても来れなかった場所...「ゆ...

  2. 早い方がいいか……どうせ別れを切り出さなければソウ君と...

  1. 出発の日3

    2014/02/27

    「ごめんねナウちゃん」涙にキスしてくれるジュニアがビ...

  2. 安堵

    10/20

    私の頬に当てる手は温かくて、涙があゆの手を濡らす。「ゆみ...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

4/30 編集部Pick up!!

  1. 義両親に「孫差別」され悲しい
  2. 高齢者に親切にされ嬉し泣き
  3. 義母に孫を会わせない仕返し

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3