ヴィオラさんのブログ

  • 記事数 7
  • 読者 0
  • 昨日のアクセス数 2

振り返り2

しおりをはさむ

2016/10/20 23:26:38

  • 0
  • 0

子どもが登校拒否してるのに、何もしないで出会い系?なんて酷い親。

そんな風に思われて当然。
自分でも、後ろめたかった。
でも、あの頃の私にはそこが逃げ道だった。

子どもには私の出来る全てのことをし尽くしていた。
学校に行かないという私より大きくなった息子の身体を起こし、布団から引きずり出してパジャマを無理矢理脱がしたり、もちろんビンタしたり、夜通し説得したり、何日も何週間も私は諦めたくなかった。
毎日、朝になるのが怖かった。
今日は行ってくれるかな?
今日はどうやって説得しようか。

気が狂いそうになるほど、学校に行かせることばかり考えていた。

でも息子の心は頑なだった。
なんで?なんで?
息子が心を開く事はなかった。

何ヵ月だっただろう。
もうくたくただった。

私にはあと二人下に子どもがいた。
まだ二人とも小学生。

しっかりしなきゃ。
私が壊れたらこの子たちまで苦しむ。
がんばれ、わたし。

でも、毎日毎日死んでしまいそうだった。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/3 編集部Pick up!!

  1. 無償で専業主婦するのは変と思う
  2. 不妊治療で妊娠やっと報告できる
  3. 友人より男を優先する女性に苛々

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3