ブログランキング48

一生忘れない恋を経て今がある

いろんな恋を経験。そして今・・・

  • 記事数 274
  • 読者 427
  • 昨日のアクセス数 5184

2016/10/19 07:58:19

  • 62
  • 0

ノブオ君に送ってもらうことになって数日後、しばらくぶりにリョウ君に会った。

後から変に思わせれてもいけないから、ちゃんとリョウ君にも話さないと・・・。

その日はそんな思いも交えてリョウ君に会った。

公園のいつものベンチでリョウ君を待つ。
すぐ横ののびた草で作られた緑のカーテンの向こうからはリョウ君が乗ってくる予定のバスが到着した音だけが聞こえる。


バスの到着する音
このバスかな?・・・違うかな?・・・
なんて姿が見えるわけじゃないから耳をすませて音を聞いてひたすら待つ。

すると1台バスが到着する音
たくさんの生徒が降りてきて、おしゃべりしてる声
そんな中


木村「リョウ、おつかれさま♪」

リョウ君「おつかれさまです」


あ、木村さんの声だ・・・
何も確証はないのに少し嫌な気持ちになった。
ずっとバスの中仲よく話をしてきたのかな・・・
毎日一緒に帰ってるのかな・・・


いろんなことが頭の中をグルグル・・・


リョウ君「アオイ~♪おまたせ~♪」


色々考えてうつむいてた私
声に反応して顔をあげるとそこには大好きなリョウ君の笑顔

この笑顔ずるい
な~んにもなかったことにしてしまうんだもん♪


私「リョウ君おつかれさま~♪」

リョウ君「俺の分身元気だったか?(笑)」

私「えっ? あ~(笑)時計ね。うんうん元気だったよ~♪」

リョウ君「そかそか(笑)」


その後もしぱらく楽しく、仲よくお話してまたゆっくり時間つくって過ごそうって約束したり・・・


私「そういえばねリョウ君」

リョウ君「うん?」


私のこの一言から雰囲気が変わった。
恐る恐るノブオ君に家まで送ってもらうことになったことを話した。


リョウ君「そうなんだ・・・」

私「やっぱ嫌だよね?・・・」

リョウ君「大丈夫だよ。俺、アオイ信じてるから」

私「うん・・・でも嫌な気持ちにさせてごめんね」

リョウ君「大丈夫だってば・・・」


リョウ君はあきらかに不機嫌になった。
ごめんねって気持ちとさっきの木村さんのことといろんな感情がごちゃごちゃで私もその後うまく話せなくなった。

しばらく沈黙があった後


リョウ君「帰ろっか・・・」

私「うん・・・」


雰囲気の悪いまま帰宅。

最悪・・・

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/3 編集部Pick up!!

  1. 夫の親戚から有り難迷惑な贈り物
  2. 夫宛に「隠し子疑惑」のメール
  3. 「婚約指輪」を貰えず自己嫌悪

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3