ブログランキング15

Hypnotic

藤田先生と千晴編。

  • 記事数 162
  • 読者 1128
  • 昨日のアクセス数 24382

2016/10/18 23:47:25

  • 122
  • 0

「イッた?じゃ、俺も動いていい?」

浅野君の律動で、彷徨った意識はすぐに戻された。しかし達したばかりの中を掻きまわされるのは苦痛だった。

「やだ、ゆっくりしてっ…」

激しさに耐えられず逃げ出そうとしたら、浅野君は急に腰を引き、私から離れるのと同時に、お腹の上には温かい何かが広がった。


「はあっ、はあっ、はあっ…」


浅野君は私の鎖骨に額をつけて、荒い息を整えている。
私はお腹の上にある浅野君の絶頂の証を指で弄んだ。

「うわ、何やってんだよきったねぇな…ティッシュで拭けよ」
と机上に置いてあるティッシュボックスを放り投げられる。


浅野君のなら、汚いとは思わないのに。

ティッシュできれいにお腹を拭いた。時計はもうすぐ19時。

「あ、帰らなきゃ…」
独り言のようにつぶやき、制服を着ていると、浅野君は私服に着替え出した。

「碧、門限19時なの?」

「んー、まぁ、そんなとこ」

「なんだよ。はっきりしねぇな」


浅野君にはまだ、義父の話はしていない。
突然仲良くなって、まだ数日しか経っていない。セックスは何度もしているが、会話という会話はあまりない…


「浅野君、週末どこ連れてってくれるの?」

「そりゃあふたりっきりになれるとこだろ」

「本当にエッチのことしか考えてないんだね…」

「は?そんな意味じゃねぇよ、碧こそ頭ん中そればっかりだな」


嘘…私の方がエッチなこと考えてたの?
ぶーっと吹き出したら、浅野君も笑った。

「バカだよなー、おもしれ」

「バカじゃないよ、普通だよ」

こんな感じの浅野君でも成績だけは優秀で、学年では10位ぐらいをキープしている。私はもう少し下のラインをうろうろ…


そうして、家を出て、ガレージで私の自転車に鍵を入れたら、浅野君がハンドルを取った。

「後ろ乗れよ」

「二人乗り?帰りはどうするの?」

「走って帰るよ。つうかまだ名字で呼ぶの?もういいんじゃねーの」
そう言いながら浅野君は、俯いて自転車の向きを変えている。

えーと、それは…名前で呼んでと言う…


「…遥?」


ドキドキしながら呼んでみたら、浅野君は何食わぬ顔で振り返る。


「おう。乗れよ、後ろ」

「うん…」


あんなに激しくエッチしたって、好きだなんて一言も言われていない。
浅野君の気持ちはわからない。


自転車に座って、後ろから浅野君を抱きしめた。
彼は私の腕を一度握ってから手を離し、静かにペダルを漕ぎ出す。

朝降った雨はすっかり上がっていて、薄暗くなった空はいつもより澄んでいた。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/5 編集部Pick up!!

  1. 出産当日は家族総出で来るらしい
  2. 交際7年 結婚したいと思っていた
  3. 女性と絡む彼を注意したら逆ギレ

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3