彼女未満

ダメな私とダメな男の恋愛忘備録。

  • 記事数 63
  • 読者 69
  • 昨日のアクセス数 23

女のバトル

しおりをはさむ

2016/10/18 22:38:13

  • 14
  • 0

川井「ね、付き合い長いの?」
私「もう少しで1年です」

川井「へぇ、なんかかわいい付き合いかた、、、みたいな?やっぱ中学生相手だし、硬派な野田だしねっふふ」
私「うふふ。野田君の事、、、そういうふうに感じてるんですね。先輩が知らない野田君の顔私いっぱい知ってるんで~笑」
気の強いみか、負けない。

川井「なーによ、毎日会えないんでしょ?すぐ飽きられちゃうかもよ?」
私「そんなことは先輩にはまったく関係のないことなのでー」

先に切れたのは向こうだった。

川井「むかつく!絶対奪ってやるから」
私「無理じゃないですか?ふふ」←やなやつ

だけど、だけどね、
川井さんも自分の恋に必死かもしれないけど
私だって、私だって、
必死なんだ。

席に戻った私はさりげなく
さっきよりも野田君に甘えた。
絶対、奪われたくない!

川井さんは私とは真逆のスレンダーな大人っぽい美人だった。

そのあと、解散すると
野田君はいつものように送ってくれて
いつものようにガレージでキスをする。。

「今日はおともだちに紹介してくれて嬉しかった」
「当り前じゃん。ってかトイレのあと、おかしくなかった?」
ばれとる、、、、

少女マンガの主人公なら、
素敵女子なら、、
ここで「ううん、なんでもない」
というのだろう。
が、、、、、

私は違う笑

ぜーんぶぺろっとありのままを言った。

そして
「このあと、私の言うことと、川井さんたちの言うことが食い違っても
私の事を信じてほしい。絶対嘘はつかないから」
と、約束した。

この約束が本当に良かった。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 私がキャメロンの住む街から去る日。キャメロン...

  2. 先輩の名前はリカっていう。私より身長が10センチくらい高...

  1. 仕事初めから、もう2週間ですか。今日は、直行直帰。早起...

  2. 64

    2015/07/11

    9月にはクラスマッチがあった。クラス対抗スポーツ大会?...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

9/25 編集部Pick up!!

  1. 荷物の上に座られてモヤモヤ
  2. 不倫相手と関係切れていなかった
  3. 不在時に来た子供が発作起こした

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3