夫と生きた20年間の思い出

  • 記事数 23
  • 読者 34
  • 昨日のアクセス数 6

episode〜5〜

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 初心者

2016/10/18 20:19:25

  • 12

高校生活は楽しかった。

奏の事なんか思い出すこともなく
三年間が過ぎた。


高校を卒業すると
当時の彼とは進む道が違った事で
すれ違いが増え
自然に別れる形になった。


私は短大に進み忙しい日々を
送っていた。


そんな時に
中学時代の友人に誘われて
会うことになった。



久振りのメンバー。
その中には奏の姿があった。


奏は身長も伸び
別れた時より大人っぽくなっていた。


みんなで楽しい時間を過ごした。
みんな、またねと言って帰路についた。


自然と私と奏は同じ方に歩く。

自然に会話が出来た。
お互いの近況を語りあった。


奏に彼女がいないのが分かり
私はホッとした。


お互いの連絡先を交換しながら
奏は私を家まで送ってくれた。

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. 私のトラウマは自然消滅のお別れこれ、都市伝説とよばれ...

  2. 高校生。

    2016/06/27

    高校生活が始まって野田が通うことになった高校とはバスの路...

  1. 特に行きたい高校もなく、進学実績がそこそある近い高校へ入った...

  2. お互い進学先を決めて、無事に高校卒業となった。彼の一般受...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

1/20 編集部Pick up!!

  1. 子持ちが羨ましくて退職を決意
  2. 共稼ぎなのに夫が家事をしない
  3. 無意識にマウンティングするかも

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3