夫と生きた20年間の思い出

  • 記事数 23
  • 読者 34
  • 昨日のアクセス数 10

episode〜5〜

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 初心者

2016/10/18 20:19:25

  • 12

高校生活は楽しかった。

奏の事なんか思い出すこともなく
三年間が過ぎた。


高校を卒業すると
当時の彼とは進む道が違った事で
すれ違いが増え
自然に別れる形になった。


私は短大に進み忙しい日々を
送っていた。


そんな時に
中学時代の友人に誘われて
会うことになった。



久振りのメンバー。
その中には奏の姿があった。


奏は身長も伸び
別れた時より大人っぽくなっていた。


みんなで楽しい時間を過ごした。
みんな、またねと言って帰路についた。


自然と私と奏は同じ方に歩く。

自然に会話が出来た。
お互いの近況を語りあった。


奏に彼女がいないのが分かり
私はホッとした。


お互いの連絡先を交換しながら
奏は私を家まで送ってくれた。

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. バレンタインデーに告白したものの私は答えを聞けずにいた。...

    • 12
    • 0
  2. 成人式

    2014/12/22

    私が住んでる町の成人式は、それぞれの出身中学校での開催。...

  1. カズは幹大の中学からの友達だった。私も幹大とカズと同じ中学...

  2. 将来を意識するような会話になるときは時々あった。でも、社...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

9/23 編集部Pick up!!

  1. 共稼ぎなのに夫が家事をしない
  2. 3年も不倫続ける姉を説得したい
  3. 荷物の上に座られてモヤモヤ

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3