夫と生きた20年間の思い出

  • 記事数 23
  • 読者 38
  • 昨日のアクセス数 5

episode〜4〜

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 初心者

2016/10/18 17:46:58

  • 12

バレンタインデーに告白したものの
私は答えを聞けずにいた。


少しギクシャクした関係…

こんな事なら余計な事は言わなければ良かったと後悔した。


ホワイトデー。
奏からアメとハンカチをもらった。



小さなメモ用紙に

『俺も好きです』
と書かれていた。



こうして幼い私達は
当時で言う両想いになった。

付き合っているというには
可愛い、本当に可愛いもの。


一緒に帰ったり
夜電話したり
休日にはグループで遊んだり
手も繋いだりしないで
ただ笑い話をして楽しい時間を過ごした。




卒業。

奏と私は別々の高校へ進学する。

自宅は近いし
別れる事はないだろうと
お互い安心していた。



入学。

高校の入学式を終え
新しい生活が始まった。

私も奏も忙しくなり
うまくいかなくなった。


そして私は同じ学校にいる人を好きになり


奏もまた同じ学校の人を好きになった。



私達は別れる事になった。

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. 中学生☆

    2015/09/10

    中学生になり、進路を考え出した。本当は、中学卒業後すぐ...

  2. 私は無事希望していた女子高校に合格。A君も工業高校に合...

  1. 志望校

    2016/04/11

    家で、りんくんが言っていた高校の名前を思い出しながらメモした...

  2. 私は田中レイ。桜が咲き始めた3月16日中学を卒業した。...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

5/28 編集部Pick up!!

  1. 近所で目撃した浮気現場の末路
  2. 年収が低いと子は恥をかくか
  3. 「肥満は惨め」と言い聞かせる

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3