エリさんのブログ

  • 記事数 44
  • 読者 2
  • 昨日のアクセス数 18

4月の庭木

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 短編

2016/10/18 14:50:15

  • 0
  • 0

予想外に変わったこととしたら車庫上の雑草ばかりだったもう一つの小さな庭に自家栽培の四季折々実や花をつけるハーブやコーヒ豆の木、野菜畑などに…気がつけばなっていた。子供が寝返りうったりハイハイなど、成長していくにつれて家の環境も変わってきた時くらいから妻の笑顔も独身時と変わらない様なった。
畑は祖母がやつれてく妻を見て祖母の友人に相談し、夫婦ともにコーヒー好きだからとコーヒー豆の木を育て始めたことからだった。
それをみた妻は子供の食育のためにとトマトやナス植えたりとしていき
素敵な家庭菜園と庭桜の下で憩える場所ができたのだった。
家の庭は食べ物の植物で一杯なっていた。
収穫するとなると息子やおばあちゃん、妻の笑い声が聞こえたり妻の虫苦手なところが発揮されて悲鳴が聞こえたりする、とても賑やかだった。

妻はそれだけにとどまらず…整体、整骨院行きつつバイトと子供と一緒に習い事もしていった。
習い事の内容は水泳、そしてフィットネスクラブに通っている。

やつれきったおばさま体型が嘘のように戻り、子供の生まれた季節になった時ふと改めてみれば独身の時よりもモデルの様な体型に近かった。
ドラマにでも出るかの様なきれいなってく妻と俺と妻の喰い意地をそのまま写したかの様なワンパクな息子…それが自慢でしかない。
幸せと言えるんだろうなと思った。

影が少しづつ大きくなってくのを俺は何も気が着かなかった。

仕事に帰った日…母子共にいなくなっていた。
手紙すらなく部屋は普段のままであるのに…いつもならいる時間なのにいなくて
どうしたものだろうかと祖母と話していたら、警官からの電話
母子共に出かけ、その先で襲われたらしく妻は怪我をしつつも警察署に保護求めるくらいの勢いで駆け込んだらしい。話をしようにも声が出ないくらいショックが大きく受けており震え上がってしまい、警官であったとしても男性におびえてるとのこと。
犯人の顔を防犯カメラや妻の描いた似顔絵からしてわりだしたが捜索してるとのこと。
迎えに行くと俺を見てホッとしたのか泣き出した。
顔や手足は痛々しい痣や傷だらけで服は本当ボロくなっていたが息子は服に汚れがついてるくらいで何も傷もなくスヤスヤ寝ているのを見て必死で庇っていたのだろう。財布の中身の金は抜き取られ他らしく一銭もなかった。
買い物と習い事の帰り道に男性に声かけられ道を聞かれて様子のおかしな人だったため、逃げようしたところ殴られ金ぶんどるついでに押し倒されそうなり必死の抵抗のあと逃げてきたらしい。
家に行くのにも遠く、仕方なしに署に保護を求め、事情聞いて連絡よこしたらしい。

被害届出した後、帰宅したとき祖母は妻の顔を見てお岩さんと言いつつも俺が妻の傷の
手当などしてる間ひ孫の世話までしてくれた。
体の傷は浅く残らないものの。
ptsdの症状は酷くなり、精神科への通院回数もかなり増えることなった。
そして毎日泣いていた。
習い事関連は行く回数を少し減らし、犯人が捕まるまで送り迎えをすることなった。
バイトも同様、買い物は祖母や俺が行くことに…

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/6 編集部Pick up!!

  1. 態度でかい妊婦でも席譲りたい訳
  2. 義母に前妻と比べられキレた結果
  3. いきなりキスされイケメン不信に

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3