彼女未満

ダメな私とダメな男の恋愛忘備録。

  • 記事数 63
  • 読者 74
  • 昨日のアクセス数 70

2016/10/18 14:29:56

  • 14
  • 0

新学期
待ち合わせて駅までの短いデート。
なんだかむしろ切ない。

野田君の新しい制服姿はかっこよすぎでまぶしいけど
それも切ない、、、

ブルーな気持ちのまま学校へ

ちいさな事件が起こったのは放課後

「キャッ」

控えめな悲鳴

「どうしたの?」
彼女はいじめとまではいかなくともいじられやすい子。
彼女のグループと少したちの悪い子が軽くもめたのは知っていた。

彼女のカバンをのぞいたら、、
つぶれたゆで卵が3つ!!!
さては給食の残りだな。ってそんな推理はどうでもよくて
すごい有様、、、、、

プチン
きれた。

曲がったことはゆるさん。
文句があるなら本人に直接言えばいい。

「ちょっと!!誰?こういう汚い事するの?!」

誰?と聞きながら、怪しい奴を直視して怒鳴る私。

あ!あいつら目をそらした!
くっそ、やっぱりあいつらだな。

突進しようとしたら、後ろから
ぐいっと両肩をつかまれ耳もとで「よせ」
って




けいが言った。
(あ、私の体を躊躇なく触る人男もう一人いた笑。男にカウントしてなかった笑)


「だれだかしらねーけど、このやり方はねえな。言いたいことははっきり言葉で伝えろよな」

冷静に,でも大声でけいが。
そして
「みか落ち着け。あまりさわいだら、あいつの居心地わるくなるだろ」
あ、やられた本人か、、。。
本人をみると、さやが手伝って片づけていた。

ああ、なんで私は二人みたいに冷静に対処出来ないんだろ、、、
急にへこむ私、、。

さや「私はそういうとこ、嫌いじゃないよ笑
   大丈夫。毎回私たちが止めてあげるって!」

けい「お前のそういうとこ嫌いだったらこんな長い付き合いしてねーから。
    今後も切れるんならおれたちが居る時にすれよ」

「そんなの調節出来ないっ」

さや・けい「はははははは」

すねたふりをしながら、、私は別のことを考えていた。
やっぱこの二人、うまくいくんじゃないだろうか、、、

私にとってはこの予感のほうが、
ゆで卵よりも事件だった。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. そのあと、学際の本番が近付き私は野田君から食券などを買い、...

  2. それから私は野田君と呼ぶようになり、彼は私をみかと呼んだ...

  1. 北川くんと付き合いだして少し経った頃学校からの帰り道一...

  2. 「考えさせてくれる?」野田からは意外な言葉が返ってきた。...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

1/24 編集部Pick up!!

  1. ママ友が夫を頼ってくるので苦言
  2. 前妻との子供育てる彼の結婚条件
  3. 結婚2年目で夫への愛は枯渇した

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3