アヤノのフィクションROOM

マイペース更新です💦 ツバサとタケルの恋編

  • 記事数 508
  • 読者 254
  • 昨日のアクセス数 976

Rei is life 138

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 恋愛

2016/10/19 08:01:56

  • 28
  • 0

自分が落ちていくのが目に見えてわかった


近付いていったのはもちろんマキ先輩
水分補給用のドリンクとタオルを持ち近付く
何を話しているかも当然のように聞こえる


マキ「ハルぅ💗休み入れないともたないよぉ?
怪我にも繋がるからぁ💗マキしんぱぁい(;´Д⊂)」


嫌な話し方・・・語尾に必ず💗が付いてる話し方


ハル「あっ・すみません先輩❗
ありがとうございます❗(o^-^o)」


話し方は普通なものの表情は明らかに喜んでいる


私が来ないって思っているから?
それともこの状況を見てほしかったの?
だから今日誘われたの?


・・・ハルの気持ちがわからない・・・


自分の中に真っ黒な闇ができ始めていることに
まだ気づいていなかった


このままこの場にいれば
真っ黒な闇に吸い込まれてしまう

・・・気付かれる前に立ち去ろう・・・

そう思い立ち上がりフラフラな足を
一歩踏み出そうとしたその時・・・


「レイ・・・ちゃん?」知ってる声が聞こえた

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. ハルはゆっくり丁寧に話始めたハル「レイ?覚えてる?こ...

  2. 意味深なハルに気づきながらも放課後レイ「ハル、頑張って...

  1. いつものハルくんじゃなく何となくイライラしてるように見...

  2. その後、先輩達との日からユウヤ先輩の事を色々知っていくことが...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

3/28 編集部Pick up!!

  1. 「無視」指令で親友が離れた
  2. スマホ依存の息子が小2で施設へ
  3. 会社都合で辞めさせて貰えず困る

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3