アヤノのフィクションROOM

マイペース更新です💦 ツバサとタケルの恋編

  • 記事数 541
  • 読者 250
  • 昨日のアクセス数 367

Rei is life 135

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 恋愛

2016/10/18 13:24:29

  • 30
  • 0

何となく気まずい雰囲気・・・
でも、無理なことは無理。


私は我慢してハルの部活を見に行くべきなのか?


後ろから抱き締められながら眉間にシワを寄せ
考え込んでいた


ハル「レイ?悩ませてごめん・・・
無理なら良いんだ。ただ一緒にいたかった・・・」


レイ「私、私もずっと側にいたい・・・
でも、あの場所には・・・うっ・・・いけ・・・ないよ」


ハル「そうだよな!ごめん・・・ごめんって
泣くな・・・なっ?」


次から次へと零れ落ちてくる涙の粒を
親指で拭ってくれた


ハルはわかってくれたものの
期待に応えられない自分が嫌になる


イブだと言うのにこんな感情
もっと穏やかに幸せな気持ちで
過ごせると思っていた


泣き止んだ後暗い気持ちを隠すかのように
ベッドに並んで眠った


目が覚めるといるはずのハルはいなかった


レイ「ハル?いないの?」


声をかけるが返事はない
ふと時計を見ると8時を過ぎていた


レイ「部活かぁ・・・」


すでに部活に行った後だった

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 重ねられたその手の持ち主は・・・見覚えのある手・・・沢山...

  2. レイの意外な言葉に一瞬黙ってしまったハルハル「えっ❗な...

  1. 気になってた事を聞いてみたレイ「ハルってさ布団派なの?...

  2. なんとなく気になりつつもお化けの方が気になる(笑)ハル...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

4/25 編集部Pick up!!

  1. 20・30代で育児する体力の違いは
  2. 園の遠足で図々しさ感じた親子
  3. 「人生設計」のズレはあったか

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3