ブログランキング38

Fictions

東野君のオフィスラブ。

  • 記事数 391
  • 読者 2071
  • 昨日のアクセス数 7858

テーマ:小説 > 恋愛

2016/10/17 22:01:11

  • 131
  • 0

小林先輩は、ポケットからまた煙草を取り出した。
先輩が手にしている青いソフトケース。

「煙草っておいしいですか?」

「は?」

「ちょっと見せて下さい」

先輩の手から難なく取り上げ、銘柄を確かめた。

深めの青を基調としたそのデザインは、ザ・日本の煙草。誰でも名称を知っているスタンダード。
悪ぶってるわりには王道の銘柄を選択している事に、一種の親しみやすさを感じた。


「碧ちゃん、吸いたいの?」

「いえ、いらないです。先輩ってA型ですか?」


その銘柄だからと言って、血液型が確定できる根拠にはならないのだが、何となく尋ねてみる。


「え?そうだけど、何だよ?」

当たった。
途端に、よく巷で言われがちな血液型のイメージが浮かび、ふふっと笑った。

「碧ちゃんは何」

「私は、半分先輩と一緒です」

「AB?」

「当たりです」

「結愛と一緒…。遥はBだよ」

それもまた、イメージ通りで吹き出した。


もうすぐ1時間目終了のチャイムが鳴る。ソフトケースを先輩に返して立ち上がり、スカートをはたいた。
先輩はもう煙草を吸う事はなく、ポケットに戻した。


「碧ちゃんは変わってんね」

「…そうですか?」

「ああ。俺にも物怖じしねぇし、普通逃げるだろ。喫煙現場に居合わせたら停学くらうぜ」

「そうですね。次から一緒にいる時は吸わないで下さいね」

「図太い女」

先輩は私をそう評した。



いつも笑顔で、波風立てずに明るくニコニコ。それが普段の私。
でも本当は、図太くて、自分の欲望に忠実だ。

浅野君や、小林先輩は、そんな本当の私を見抜いている…

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 153

    11/30

    「……何してんのお前。バス通か?」「小林先輩!?」...

    Fictions

    • 178
    • 0
  2. 夜 5

    12/25

    「小林先輩が退学したの知ってる?」小林先輩の話か。少し...

    Fictions

    • 226
    • 0
  1. 先輩はサッカーが得意だった。サッカー選手になりたいって言っ...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

3/24 編集部Pick up!!

  1. 不倫した夫と再構築するか悩む
  2. 会費制の披露宴 金額に驚いた
  3. 「姉妹間の御祝儀額」に悩む

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3