彼女未満

ダメな私とダメな男の恋愛忘備録。

  • 記事数 63
  • 読者 71
  • 昨日のアクセス数 40

2016/10/17 20:23:44

  • 12
  • 0

そして土曜の部活終わり。
必死になって整汗スプレーをかけまくり、
親友のさやに笑われる。笑

「何事~?笑」

「今度話す!」

学校イチのモテ男と付き合い、ハブられぎみの私にとっては
数少ない味方。
味方はもう1人いた。
幼馴染のけい
男だけど、お互い異性と思ったことはないし
周りもよく知っていて、私たちは兄妹扱いだった。

なんかあったらけいにも相談しよう、、、
そう思いながら玄関へいそぐ。
3年の下駄箱をちらりとのぞく。

大股ひらきですわって待っている。。
横顔まじでイケメン、、、、
あの人が待っているのが私だなんて、しあわせ過ぎる。。

「おまたせ」

「じゃ、いこっか」

手を差し出す彼
幸せだけど、みんなの視線が痛い笑

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. ………227タクミが教室に入ると、昨日までとは一...

  2. そして、篠くんとバイトの時、またしてもあのギャル男御一行様...

  1. なんだかんだで高校3年生になった。私たちの高校は2年生の...

  2. 2年生の夏休みは終わり、秋になった。冬のミックスダ...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

5/24 編集部Pick up!!

  1. 喫煙席に子座らせる保護者に怒り
  2. 結婚控えているが自信無くなった
  3. 怖そうな男性が旗振り当番してた

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3