ブログランキング25

ジンさんのセックス~時々 妄想

昔のエロ話書いてます!妄想あり。あの人と再会したら?官能&恋愛小説も書いてます!

  • 記事数 1368
  • 読者 2176
  • 昨日のアクセス数 15665

小説)女心と空模様13

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 恋愛

2016/10/17 20:52:31

  • 101
  • 0

出された大ジョッキのビールをゴクゴク飲んだ。
「あー!美味しい!」
一気に半分ほど飲み干す。
「いい飲みっぷりだな!」
榊先輩はニコリと笑う。笑うと目がなくなる榊先輩の笑顔が、なんだか今は心地いい。
「はい!やっぱりお酒……大好きです!」
「そうか……もっと飲めよ…企画書も終わったんだし」
「はい!」
榊先輩は、料理が運ばれてくると、すぐに私の取り皿にのせてくれた。ジョッキが空になると、何を飲むか聞いてくれ、頼んでくれる。

こういうの……いいかも……
ほんと……榊先輩…優しい!

「え!先輩も好きなの?」
「ああ…全部揃ってるぞ!」
「あれ、いいですよね!試合のシーンなんかはもう迫力満点で!」
「お前、なかなか通だな!俺も試合のシーンは好きだぞ!あと練習のシーンとか…」
高校生の時はまったスポーツ漫画。それがきっかけで少年漫画が好きになった。毎週買う少年漫画。その話から、私がはまったスポーツ漫画を全巻、榊先輩が持っているとのこと。
「あーずっと読んでないなぁ、あれ…」
「そうなのか?じゃ、うち来れば?」
「……へ?」
二人の時が止まる。
「いや…別に漫画読むだけだろ?」
「う……うん…もちろん!」
「じゃ、いいだろ……」
「……うん」
何となく恥ずかしくて、急に榊先輩の顔が見れなくなる。

「じゃ、そろそろ解散にするか…」
部長の声がかける。
「えー?もうですか、佐藤さん!」
「明美さん、だいぶ顔 赤いですよ?」
部長の手が明美の頬をソッと撫でた。

何……これ……

「今日は俺が払うから……」
伝票をもって、私の横を通り抜ける。明美が私に駆け寄る。
「ねぇ、脈あるかな?!」
「ど…どうだろ……」
「榊さん、見ました?私、佐藤さんめっちゃタイプなんですよー!」
「そうなの?いいんじゃない?なぁ、山田!」
「ええ……」
私は明美の顔が見れなかった。

なんだろ……なんで…こんな……

胸の中の小さな痛み。会計をする部長の背中が目にとまる。私はその背中を見つめていた。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/7 編集部Pick up!!

  1. 「理想の男性は父」彼をつい比較
  2. 「不妊治療費の高額さ」に苛立ち
  3. 同居義母に夫が注意したら半泣き

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3