ブログランキング59

ジンさんのセックス~時々 妄想

昔のエロ話書いてます!妄想あり。あの人と再会したら?官能&恋愛小説も書いてます!

  • 記事数 1412
  • 読者 2202
  • 昨日のアクセス数 7388

小説)女心と空模様13

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 恋愛

2016/10/17 20:52:31

  • 104
  • 0

出された大ジョッキのビールをゴクゴク飲んだ。
「あー!美味しい!」
一気に半分ほど飲み干す。
「いい飲みっぷりだな!」
榊先輩はニコリと笑う。笑うと目がなくなる榊先輩の笑顔が、なんだか今は心地いい。
「はい!やっぱりお酒……大好きです!」
「そうか……もっと飲めよ…企画書も終わったんだし」
「はい!」
榊先輩は、料理が運ばれてくると、すぐに私の取り皿にのせてくれた。ジョッキが空になると、何を飲むか聞いてくれ、頼んでくれる。

こういうの……いいかも……
ほんと……榊先輩…優しい!

「え!先輩も好きなの?」
「ああ…全部揃ってるぞ!」
「あれ、いいですよね!試合のシーンなんかはもう迫力満点で!」
「お前、なかなか通だな!俺も試合のシーンは好きだぞ!あと練習のシーンとか…」
高校生の時はまったスポーツ漫画。それがきっかけで少年漫画が好きになった。毎週買う少年漫画。その話から、私がはまったスポーツ漫画を全巻、榊先輩が持っているとのこと。
「あーずっと読んでないなぁ、あれ…」
「そうなのか?じゃ、うち来れば?」
「……へ?」
二人の時が止まる。
「いや…別に漫画読むだけだろ?」
「う……うん…もちろん!」
「じゃ、いいだろ……」
「……うん」
何となく恥ずかしくて、急に榊先輩の顔が見れなくなる。

「じゃ、そろそろ解散にするか…」
部長の声がかける。
「えー?もうですか、佐藤さん!」
「明美さん、だいぶ顔 赤いですよ?」
部長の手が明美の頬をソッと撫でた。

何……これ……

「今日は俺が払うから……」
伝票をもって、私の横を通り抜ける。明美が私に駆け寄る。
「ねぇ、脈あるかな?!」
「ど…どうだろ……」
「榊さん、見ました?私、佐藤さんめっちゃタイプなんですよー!」
「そうなの?いいんじゃない?なぁ、山田!」
「ええ……」
私は明美の顔が見れなかった。

なんだろ……なんで…こんな……

胸の中の小さな痛み。会計をする部長の背中が目にとまる。私はその背中を見つめていた。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 「あれ?榊先輩は……」 「ああ…帰るときに後輩につか...

  2. 部長もお酒が入っているから、少し顔が赤い。若い女の子のさりげ...

  1. 当時はまだ、明らかに未成年でも注文すればアルコールが出てき...

  2. タクミ君は気さくなタイプですぐに打ち解けた。...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

1/20 編集部Pick up!!

  1. 彼女がケガ 彼氏の態度に違和感
  2. 義母と義妹の関係が気持ち悪い
  3. 毎日電話し行動把握したがる義母

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3