シワシワになっても愛してるよ♥

人生のもう一人のパ一トナー。私のベターハーフとの徒然日記。

  • 記事数 95
  • 読者 38
  • 昨日のアクセス数 115

意識……?

しおりをはさむ

テーマ:恋愛 > 不倫

2016/10/17 19:50:37

  • 4

彼は見た目は本当に可愛らしくハンサムで、それこそスーツでもきちんと着せてやればちゃんとした企業で務めていると言っても遜色無かった。


でも現実には中卒で、いくつもの職歴を重ねて今がある人だった。


私には自分のまわりに中卒は流石にいなかったし、彼もまた私のようなタイプと接点が無かったようで。


進学出来なかったのは自分の都合半分、ご家庭の事情半分。


シフトはほぼ同じで、特に開店前の準備時間からいつも一緒だったのでお互いのことをより深く知り合うのに時間は掛からなかった。


そんなつもりは私自身には無かったけれど、外の彼氏には「きっと君のことをすごく意識してるんだね」と言われた。

私の生まれ育ち、夫の経歴、子供の学校……多分彼からしたら、随分背伸びさせたんだろうと思う。

女だとそこは妬みになるのかな…
でも彼は妬むと言うより、自分の飲食での成功の夢をよく私に口にして。

それに夫を妬むには歳が違いすぎるし、まだ並べなくて当然だしって言い訳も立ったのかな。


エリートばかり見慣れた私には中卒は衝撃的だったし、でも野心を持って夢を語る彼はなんだかとても可愛く純粋に映った。


私が何かちょっと説教めいた事言うと「あぁそうですよね!」とか「僕も知ってますよ」とか言う。
知らない……って言えなくて、一生懸命背伸びして。
今思えば、帰宅したらネットで調べたりしてたのかな。笑


僕は学が無いから……と経営本やプレジデント読んだりして。
自分なりに一生懸命頑張っていた。



この飲食時代……常に外に彼はいたけれど、仕事の話からこの店長のこと話したら、どの彼にも「それって気があるのミエミエだよー」
って。



……確かに。
私達には独特の空気感あった。

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. 例えば。いや、現実かな。これから一生、元彼と話すことも...

  2. 2015/03/05

    君に会えるただそれだけで心に明り灯る闇夜の雲に隠れた...

  1. 半年前までは夫以外の男性を知らなかったわたし。今朝の二度...

  2. 就職してから最初の配属先私をいじめていた店長だけがいなくな...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/8 編集部Pick up!!

  1. 実母「幸せな娘が許せない」
  2. 結婚1週間で家出 夫と話し合いに
  3. 「結婚を決めたキッカケ」は

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3