ブログランキング85

コウ☆のんびりと♪

日常のことやお話を書いてます…ショートストーリー執筆中♪

  • 記事数 2524
  • 読者 141
  • 昨日のアクセス数 3526

好きな人 ⇒ 愛しい人…SS㉘

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 短編

2016/10/18 08:37:00

  • 11
  • 0

………









悠は少しびっくりすることを
話始めた…


「実は…美空が先輩と
カフェから出て来る所見たんだ…」


「えっ?
うそ?…何で声かけてくれなかったの?」



「声をかけようとしたけど…
かけちゃいけないかなと思って…

美空は先輩の真隣を歩かないで
少し間を開けて歩いてた…

何となくだけど…
付き合ってたんだろうなぁて
空気が出てたんだ…」


「ごめんなさい…」


「先輩が僕のアパートの所まで
美空を送って…美空に何か言ってただろう?
僕はそこまで近づかなかったけど…

美空は先輩のこと好きではないと言ってるけど
先輩はまだ美空のこと好きだったんじゃないかな?」


「えっ?そんなこと言ってないかったよ?」


「美空はそういうところ疎いからな…」


「悠、直ぐ帰って来なかったよね?」



「直ぐ追いかけたら良かった?
そしたら、美空動揺するだろ?

コンビニで少し時間潰して帰ったんだ。
そうしてなかったら、多分…僕、
玄関で美空を押し倒していたかも…

その代わりにイジワルしてやれって
思って…お風呂でイジワルしたんだ…
ごめん…」


悠に気を使わせちゃった…


「ごめんなさい…
最初からきちんと話せば
悠がイジワルなことしなかったでしょ?」


「それは…どうかな?
あんな所見せつけられたら
普通じゃいられないよ?」


「うっ…そうだよね?
ごめんなさい…」


「男性と2人で会ったら
危険だよ?親しい人でもね?
美空はそうは思ってなくても
相手はその気があるんだって思うよ?」


「うん…気をつける…
でも…もし、私が危険なめにあいそうになって
その現場を悠が見たら…」


「勿論助けに行くよ…大事な彼女だからね…
何もなくて良かった…」


そう言って
おでこにキス


「うん…そう言えば、先輩には
友達の家に行くって言ったのに
彼氏の家だろってバレてた…」



「そうだったの?美空、今度は
ちゃんと言うこと…」



「はい…わかりました。」



「明日もあるし、今日は寝るよ?」



ベッド横のサイドドテーブルにある
ライトを消した



暗がりの中で



「美空…言うの忘れてた
お弁当助かったし、美味しかった…
ありがとう…」



「本当?良かった…
明日も作るね?」



「うん…」



悠が抱きしめて
キスを…


私もそのキスに答えた…


お互いに


「おやすみ」と言って
眠りについた…















………

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/5 編集部Pick up!!

  1. 結婚1週間 離婚したくて置手紙
  2. 姑「夫が風邪引くのは妻のせい」
  3. 愛が一気に冷めた「夫の発言」

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3