ブログランキング67

【小説】ボク恋~完結編~(BL*R18)

性懲りもなくBLです。BLとは男子と男子が愛し合う事です。くれぐれもご注意ください。

  • 記事数 2148
  • 読者 523
  • 昨日のアクセス数 4748

お話が…その1【291】

しおりをはさむ

テーマ:小説 > BL

2016/10/19 15:45:21

  • 46
  • 2

★ボクはそれでも恋をする★       





「梶さま、どうか顔をお上げ下さい」

「ボクのせいもありますよね」

「いいえ」


市原はタクミの腕をやさしく擦った。


「ハジメ坊ちゃんは梶さまのおかげでとても
明るくおなりになりました。部活動もご自分
から戻られて、練習は楽しいっておっしゃって
ました」


タクミは市原の言葉に耳を傾ける。


「合宿で何があったのかわかりませんが、
一生懸命で生き生きとされてましたよ。
わたくし、ハジメ坊ちゃんに内緒で、大会
を見てまいりましたが、楽しそうでした」

「あの…」

「なんでございましょう」

「ハジメ君はどうして試合の途中で下がった
のかわかりますか?」


市原は少し考える。


「バスケットの事はよくわかりませんが、
坊ちゃんと相手の選手がぶつかって、それで
交代したように思います」

「は?それってケガをしたから下がったん
ですか?そのあと、逆転して勝った」

「ええ、みなさん、汗だくで走っておられ
ました」


市原は他のメイドに呼ばれ、タクミにお辞儀
をして、戻っていった。


………なんだ、相手のファールに奮起したって
   ことなんじゃん。決勝の相手って近江
   工業高校?


タクミは学校に問い合わせたことを知っている
黒田を探し始めた。

屋敷内には姿がなく、裏庭の横にあるガレージ
へ向かった。



ガレージで執事服のジャケットを脱ぎ、腕まくり
をした黒田が、リムジンを洗車していた。


「黒田さーん!」

「え?梶さま?」


黒田はホースの水を止め、腰にひっかけて
いるタオルで手を拭きながら、タクミの
元へやってきた。







△35

同じテーマの記事

コメント2

しおりをはさむ

  1. ☆エリス☆さん(36歳)ID:5444296・10/20

    ニノンさん

    記事の差し替えしたので、
    コメントがずれちゃってごめんね。

    黒田さん、意外とオチャメでしょ。
    うふふ

  2. ニノンさん(24歳)ID:5441389・10/19

    黒田さんのホースから出る水の動揺に
    思いっきり笑わせてもらいました(笑)
    シャーーー!シャーーー!
    梨汁ブシャーーー!
    (どうしても言いたかった…笑)

関連するブログ記事

  1. ………78短縮授業が始まり、夏休みへのカウントダウ...

  2. ………298試合が始まった。当初の作戦通りタク...

  1. ………131その様子をリキが見逃すはずもなく………...

  2. ☆ボクはそれでも恋をする☆       ボールを...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

6/25 編集部Pick up!!

  1. 義母に勝手に封書開けられて不快
  2. 結婚予定だが会話ほとんど無い
  3. 幼稚園ママのLINEグループが面倒

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3