ブログランキング82

【小説】ボク恋~完結編~(BL*R18)

性懲りもなくBLです。BLとは男子と男子が愛し合う事です。くれぐれもご注意ください。

  • 記事数 2148
  • 読者 525
  • 昨日のアクセス数 3600

市原の勘【290】

しおりをはさむ

テーマ:小説 > BL

2016/10/19 15:43:04

  • 32
  • 0

★ボクはそれでも恋をする★       





前にもいじめがあった事は聞いていた。
しかし、こんなあざになる程の事となる
と、放ってはおけない。

タクミは部屋を出て、使用人室へ向かった。



コンコンコン


「あのぉ……」


開け放たれている入口から顔を覗かせる
と、市原が気づいた。


「梶さま、どうなさったんですか?」

「ちょっと、お話がしたいんですけど、
今、忙しいですよね」

「短い時間なら大丈夫です。ここでは失礼
ですので、ダイニングへ…」


市原に連れられダイニングへやって来た。
椅子をすすめられたが、それを断り壁際へ
市原を連れて行く。


「なんでしょうか?」

「ハジメ君の事なんです」

「はい」


タクミは言いにくそうに、何度も瞬きをくり返す。


「ハジメ君の顔に内出血が治るときにできる
黄色い跡がありますよね」

「は、はい。存じ上げております」

「ケンカしたんですか?」


今度は市原が言いにくそうに目を逸らせる。


「さすが梶さまですね。部活動で何か
あった様ですが、わたくしどもには、何も」

「まさか、いじめられてるとかは…」

「それはないです。旦那様が学校へ問い合わせた
と黒田から聞いておりますので」


タクミはホッと胸をなでおろした。


「しかし……」

「え?」

「ハジメ坊ちゃんの心には、体以上に
深い傷ができてしまったのではと、
感じております」

「どういうことですか?」

「これはわたくしの勘でございますので、
はっきりした事は判りませんが、男の方
に恋をしてしまった事が、知られてしまった
といいますか……そういった類いの…」


タクミは唇を噛みしめ、うつむいた。








同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. ★ボクはそれでも恋をする★       「すみ...

  2. ★ボクはそれでも恋をする★       シンジは...

  1. ★ボクはそれでも恋をする★       タクミの...

  2. ★ボクはそれでも恋をする★       「知らな...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

6/26 編集部Pick up!!

  1. 既婚の元彼から電話来てガッカリ
  2. 仕事のストレス理由に不倫した夫
  3. ジェネリック薬品を避けたい理由

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3