好きな様に感じるままに!

俺 自由 俺を感じて…

  • 記事数 797
  • 読者 83
  • 昨日のアクセス数 754

♧abc 。。。「 解離 」刹那 1

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 短編

2016/10/18 16:09:36

  • 4







紅緋、山吹、黄金


山々が色づき…人々の服装が重くなる頃


私はあるお屋敷の見事な

イングリッシュガーデンに迎えられ



……



今、私は肌触りの良い

アンティークソファーに

眼を閉じ身体を預けていた






……







。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚






高速で上昇するエレベーター

揺れなどを身体に感じる事など皆無


……



「 S …屋敷には行ったのか? 」っとMが



Sは広いエレベーターの中央に立ち


「 ん⁈…行ったよ…刹那と双子が居た…」




エレベーターが最上階に…ドアが開く






……






。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚






呼び鈴を鳴らし

出迎えてくれたのは


同じ顔…同じ香り…同じ服装…の双子男子


違うのは眼鏡を掛けてるか!掛けてないか!







眼鏡を掛けてる俺は…秋斗

掛けてない俺は…冬魔


二人は分かりやすく…私に名乗った




「 此方で、少しだけ 待ってて…」っと

案内された部屋は…優しい陽射しが射し込む

明るくて広い暖かな部屋…甘い香りが仄かに漂う









紅茶を出された…見るからに

高価なアンティークの花柄ティーカップ…


そーっと手に取り…一口


鼻から紅茶の香りが…美味しい




コンコンっと…ノック音

「 はい 」っと返事を…

静かに扉が開かれた




現れたのは

白いワイシャツ…黒のスラックス

長い黒髪を後ろで束ねた

三十代前半の男?女性にも見えてしまう



その彼が

「 この屋敷の場所…直ぐに分かりましたか?

分かりにくかった?


(ドキッ…優しい声…「。。。 」返事が出来無い)


緊張してるのかな?…僕は刹那

此れから君の治療…カウンセリングを

担当しますのでよろしく 」と爽やかに笑った




「 刹那 」と名乗った男は精神科の医師


私は今日からこのお屋敷に住んで

彼に治療して貰う



私の…いいえ‼︎ 私達の治療を…





……



……









。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚








麗が部屋に…



Mがフライパン片手に

「 麗!今日からSが一緒に住むから…」


えっ?…

麗はエスを見て



「 エスさん⁈此方の世界に来てて

parallelの管理は大丈夫何ですか? 」



Sがソファーに座りながら大きく仰け反り

伸びをする




「 大丈夫…心配ない

行ったり来たりするし

それに。。。」







んッ‼︎…それに?








……




……

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. 2014/10/19

    ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚...

    Fairy tale

    • 28
    • 6
  2. ゚+o。◈。o+゚+o。◈。o+゚+o。◈。o+゚+o。◈。...

  1. 紅茶に黒糖生姜をいれてのんだあと、ストレッチ8回×6セット。...

  2. 0平方メートル。なんで?ライオンは肉...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/8 編集部Pick up!!

  1. 明日、夫に離婚届を突きつけよう
  2. 夫が飲み屋の女性と浮気している
  3. 息子がギャン泣きで泣きたくなる

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3