move along

カッコいいけど、恋には臆病な十和。ガサツで女の子らしくない一瑚。 双子の恋愛模様

  • 記事数 79
  • 読者 204
  • 昨日のアクセス数 23

side Towa #39

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 恋愛

2016/10/17 10:39:11

  • 33
  • 0

「ただ、私がいなくなったら、お姉と聡はどうするのかな。
うまく行くのかな、って、そんなこと思いながら、ぼんやり立ってたら、
目の前にもの凄い勢いで電車入ってきて、
後ろから誰かに思いっきり引っ張られて…。
気が付いたら、病院にいただけ」

気丈な口調で、蘭さんが言う。

けど。
そのセリフは、聞き流せなかった。


「だけ、じゃないよ!
あんな大事にしておいて。
それにいなくなった方がいい、なんて、絶対そんなことない!」


僕は思わず、叫んでた。


「いなくなったら…絶対、苦しむよ。
凜さんも、お母さんも…蘭さんのお父さんも、それに大津さんも」

もしも一瑚がいなくなったら、僕だって、僕の家族だって。
毎日がお葬式みたいになっちゃうの、目に見えてる。
それは、蘭さんの家だって、同じに決まってる。


「な…なんなのよ、あんた。
いきなり、説教始めないでよ」

僕の勢いに、気おされて、蘭さんは逆切れ気味。



命の恩人ぶるわけじゃないけど、
あの時蘭さんが無事でいてくれて、良かったって、
僕は今、心底、思ってる。


今、こうして隣にいてくれるのが嬉しい。
イライラするけど、目が離せなくて、放っておけなくて。
こんな気持ち、初めてで…。


かあっと体が、内側から熱くなる。


嘘、どうしよう。これじゃまるで僕は…。



「蘭さんが悪いんじゃん。
僕の中に勝手に入ってきて、居座って…」



蘭さんは僕のしどろもどろな様子を見て、
訝しげに首を傾けた。


「あんたさあ、私のこと好きなの?」

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 何も恐れないそれは捨て身じゃない何も恐れない...

  2. 僕の居場所が区画整理され狭くなった鯖統合で...

  1. きみは僕の腕の中泳ぐ人魚するりとかわすくちびるS...

  2. 大人の都合は過去を忘れる戦いを好む者に僕の未来は任せない...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

2/20 編集部Pick up!!

  1. 元彼が結婚 泣いて「さよなら」
  2. 同僚の彼氏を狙った女性がデキ婚
  3. 小児科の受付は冷たい人が多い

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3