七色の恋~赤い糸、結びました

ナナコの恋の物語

  • 記事数 48
  • 読者 1995
  • 昨日のアクセス数 23

orange24*集まり

しおりをはさむ

2016/10/17 07:05:39

  • 107

次の日曜日。



キイと一緒に

ダイたちの学校の近くの

ショッピングモールに行った。



もう秋なのに

お化け屋敷が催されていて

試しに入ってみよう、と

ダイが皆を誘ったらしい。



待ち合わせの入口では

既に私たち以外は揃っていて

キイが「おーい」と手を振った。



「これが中学の友達のナナ。んで、塚本先輩の隣が結城先輩、クラスメイトの鮫島とすみれ」



「はじめまして。崎本ナナコです」



ペコリと頭を下げると



結城先輩と鮫島くんも

軽く会釈して自己紹介をしてくれた。



二人とも背が高くて

囲まれると圧迫感を感じる。



すみれは人見知りみたいで

キイの後ろに隠れるようにしながら

「都すみれです。よろしくね」と

小さな声で呟いた。



あ、ダイが都って言ってたのは

下の名前じゃなくて名字だったんだ。



キイが小柄なすみれの肩を抱く。

「同い年だし、ナナもすみれって呼んで仲良くしてやってね。すみれは文芸部の中で漫画書いて同人誌作ってるんだ」



「同人誌ってすごいね! 私のこともナナって呼んで仲良くしてね」



ニコッと微笑むと

すみれも笑顔を見せた。










tbc

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. 違う日にはカラオケに行ったりボーリングに行ったりして...

  2. 「き、聞いてるって何を……?」「メル友が出来たって話...

  1. 文化祭当日。私のクラスは夜店を開いた。暗幕で...

  2. 中2

    03/01

    春休み中何度も部活終わり頃に迎えにきてくれて一緒に帰ったりダ...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

8/18 編集部Pick up!!

  1. 無意識にマウンティングするかも
  2. 誤爆LINEした彼を信用できない
  3. FBの幸せそうな投稿見てイライラ

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3