また いつか…

  • 記事数 53
  • 読者 158
  • 昨日のアクセス数 63

左手の真実…4

しおりをはさむ

2016/10/17 21:05:50

  • 38
  • 1

マサシは私の荷物と自分の荷物を持ち、歩き出した

レストランの入口にはちいちゃん夫婦や両家の親御さんがお見送りをしていた


「ミキー今日はありがとねー」

そう言いながら、ちいちゃんは私の手を取った


「お母さんから聞いたよ!
マサシと話すんだって?大丈夫!
ミキとマサシは大丈夫だから(笑)」


ちいちゃんは笑顔で頷いていた


「何 言われるかわかんないけど、聞いてみる」



私は腹をくくった?!(笑)


マサシは私を助手席に乗せると、車を走らせた



「オレ、ミキと一緒になりたかった…
その気持ちは本当だった…」


かった…だった…過去形かぁ
そうだよね、私は過去の人だもんね


「ここでいいから降ろして!!」


私は信号待ちで止まったときに降りようとした


やっぱり、最後まで話を聞く勇気がない
今でも私はマサシが好きだから…
マサシを愛しているから…


「はぁ?何言ってんだ!!
はい、そうですかって言うと思うか?」


それでも私は降りようとシートベルトに手をかけた


「ミキ!!いい加減にしろよ!!

逃げんなよ!オレから逃げるな!!

二度とオレから離れるな!!」



マサシは私の手を強く握った


「マサシは何を言ってるの?

結婚してるんでしょ…

オレから離れるなって言ってること変だよ…」


私は言い終わると同時に泣いてしまった



「オレは…」


マサシはゆっくりと話始めた

同じテーマの記事

コメント1

しおりをはさむ

  1. カオルさん(48歳)ID:5426237・10/17

    初コメです。 続きが気になります❗

関連するブログ記事

  1. 「あっ、出口…あっちだね 行くね。さよなら…」私は...

  2. 私は何がなんだか分からなかった「ミキに突き飛ばされて少...

  1. 「付き合わないか?」私は何も答えることができなかった...

  2. 車はマサシの実家に着いたその時、玄関の扉から懐かしい人...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/8 編集部Pick up!!

  1. 実母「幸せな娘が許せない」
  2. 夫に内緒でヘソクリしていたが
  3. 入籍直前に彼の借金発覚して驚き

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3