エミーさんのブログ

  • 記事数 78
  • 読者 30
  • 昨日のアクセス数 108

2016/10/16 22:42:36

  • 12
  • 0

生6 グレープフルーツサワー3 カクテル3
を配る。普通に装ってお客さんに渡した。ともちとは、目を合わさないように気づかないように配った。

料理を配ったり空いてるお皿を下げたりして、いつも通り仕事をこなした。

デザートを出して終わりだって思っていて、宴会用のキッチンでみかちゃんと飲み物を飲みながら洗い物をしていた。

7時からの宴会のお客さんが帰る時だったので、伝票を渡しにいくと、ともちが廊下で女の子と話しているのを見てしまった。それは、明らかにあの時の女性。谷口さんだった。
谷口さんが私に、
「ねぇ!!」と叫ぶ。

「何かご用ですか?」

「ご用ですよ。あんたがともちと付き合ってるっていう彼女?」

「別れたので、元カノです。」

「そう。別れたの。じゃあ、いいわ。私、ともちのことが好きなの。邪魔しないでよね。」

「どうぞ。ご勝手に。」

と言って、仕事に戻った。料理を配っている時に、アシスタントさんから手紙をもらった。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 07/09

    元カノさんからの手紙は、何通かあった。その中から1つ取...

    軌跡

    • 48
    • 0
  2. 別れるタイミングをはかっていたから、武田さんの中では『付き...

  1. 初カレ14

    2014/07/27

    だまってても仕方ない。私は意を決して、口を開いた。「...

  2. あなたは元カノのことを嬉しそうに話したね。彼女とはもと...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

5/24 編集部Pick up!!

  1. 子を保育園に入れ就活するも全滅
  2. 妊婦に「妊娠は病気じゃないし」
  3. 子持ちの友達が怒って帰った理由

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3