エミーさんのブログ

  • 記事数 78
  • 読者 35
  • 昨日のアクセス数 32

2016/10/16 21:31:04

  • 8
  • 0

ともちと別れて、1週間後くらいに、養護施設の実習が入った。

この施設の実習は10日間の泊まりこみだった。私は、女性の障害のある方たちが、雑巾を作ったりする部屋で、勉強することになった。

この方達は、決まった係を決まった時間、仕事をする。本当に丁寧に作っていて、感心することばかりだった。

この部屋の方に

「お姉さん、縫い物はしたことあるの?」と聞かれ、
「あまり得意じゃないので、いろいろ教えてください。」というと、
その部屋の方達が丁寧に教えてくれた。

その部屋の先生という人は、言い方が悪くなるが、私のことを、豆先生と言っていた。生徒さん達は私のことをめぐお姉さんと呼んでくれていた。

実習の記録を書いても、書き方を指摘するわけでもなく、言葉づかいなど、特に指導は入ることもなく、批判的なことばかり言われ、正直、気が滅入りそうだった。

質問をしても教えてくれることはなく、一緒に実習してる子に聞いたり、他の先生に聞いたりしていた。

実習も後半にかかり、施設長という人が、私の記録を見て、気の毒に思ったのか、

「あなたは、生徒からはよく話しかけられてるね。あなたも丁寧に答えてくれてるね。◯◯先生は、質問したら答えてくれますか?」と言われたので、正直に答えた。

すると、次の日からは、私の対応も変わり、いろいろ教えてくれるようになったが、嫌味なことを最後の日に言われた。

「豆は豆らしく大人しくしてろ!就職は間違ってもここに来るなよ!」と言われたので、

「私みたいなおもいを後輩達にはさせれないので、学校の先生にここの施設は最悪な先生がいて質問しても教えてくれず、嫌味を言う先生がいるので、実習しても身にならないと言うことを伝えます。それに、ここに入られてる生徒さん達がとてもかわいそうです。あなたではなく他の指導員の方から教わりたかったです。失礼します。」

と言って、10日間の実習は、終わった。

この実習を思い出すと本当に腹が立ちます。笑


この施設は、山奥。

携帯の電波が届かない。


最寄りの駅に着くと、沢山、友達から親から、そしてともちからメールやら着信が入っていた。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/5 編集部Pick up!!

  1. スーパーでイラッとした親子
  2. 幼い頃からの夢の結婚式に悩む
  3. 過去のマウント言動を思い出した

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3