テレーゼさんのブログ

  • 記事数 59
  • 読者 80
  • 昨日のアクセス数 176

迷い、彷徨う

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 官能小説

2016/10/16 20:54:35

  • 4
  • 0

でもね.....

私は続ける。

徳との時間は私にとってないものにはできないの。
身体を重ね合うほどに本当の自分を見つけているから。
あなたとの関係が理不尽だとしても、それを正すつもりは一切ないわ。

分かってるよ。

言い切るか否かで徳が話し出す。

僕は今の関係がなくなるのが怖いんだ。
どんな事があっても、かよとの時間があればそれでいいんだ。
ただ.....

いつもの別れの時間より重い雰囲気がこちらまで伝わる。

.....ただ、会って身体を重ねている時だけは、僕だけの事を考えて欲しいんだ。
僕だけを見ていて欲しいんだ。
.....欲張りかな.....

そんな事はない。
私はいつだってあなたの事を忘れずに考えている。

そうは言えなかった。

大丈夫よ.....
会っている時はあなたの事しか見えていないし、あなたの事しか考えていない。
あなたの温もりが全てよ?
安心して.....

誤魔化すしかない。

全てを手に入れれば、失うものの大きさも知る。
それはもう随分前に経験している。
もう二度とあんな思いはしたくない。
アイツの時のようにはなりたくない。

.....徳.....
大好きよ.....

......うん、僕も.....

徳が僕と言う時は、不安な時。
大丈夫、私はあなたの身体に惚れているから、離れはしない。
あんな快楽はあなたでしか味わえない。
甘い蜜を吸ってしまったら、もう戻れはしない。
それはあなただって分かっているはず。

徳に見えないように疼く蜜壺を弄りながら、次に会う日を想像する。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/4 編集部Pick up!!

  1. 友人より男を優先する女性に苛々
  2. クリスマスに結婚式とかやめて
  3. 子の発達障害を疑われショック

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3