ブログランキング69

【小説】ボク恋~大学生編~(BL*R18)

性懲りもなくBLです。BLとは男子と男子が愛し合う事です。ご注意ください。

  • 記事数 1747
  • 読者 474
  • 昨日のアクセス数 4653

これって【289】

しおりをはさむ

テーマ:小説 > BL

2016/10/18 22:48:40

  • 42
  • 2

★ボクはそれでも恋をする★       





「もう、寝ちゃったの?」←小声



zzzzzz



「一緒に寝て」


タクミは布団から顔を出し、ドアの前で
枕を抱えて立っているハジメを見た。


「お願い……」

「小さい子じゃないんだから、一人で
おやすみ」

「寝るだけだから……」


タクミはため息を一つつき、体を起こして、
布団をあげた。


「ホント?」

「寝るだけだよ」

「やった」


ハジメは枕を並べて置き、いそいそと
タクミの横へ寝転ぶ。

布団を掛けてもらうと嬉しそうに笑みを
浮かべ目を閉じた。

タクミは肘を立て頭を支えて、ハジメの
顔を見下ろす。
そっと髪をなで、規則正しく上下する
布団をトン、トン、トン、とゆっくりと
したリズムで叩く。


「スピー、スピー、スピー」

「え?もう寝ちゃった?」


秒殺で眠ってしまったハジメ。


「なんだ、悩み相談とかあると思った
のに、本当に淋しかっただけか……」


幼さが残る顔をしばらく眺め、額に軽く
キスを落として、タクミも布団に潜った。







翌朝

窮屈なベッドの隅っこで目が覚めるタクミ。
隣りには安心しきった顔で眠るハジメ。

彼を起こさない様にベッドから降り、先に
身支度を済ませた。

1週間分の課題をまとめ、それに付随する
参考書に付箋をつけ、苦手な個所を克服
するための問題集にドッグイヤーをした。

そして、再びベッドへ近づき、床に膝を
ついた。


「幼い顔、ふふふ」


ベッドに肘をついて、ハジメの顔を眺める。


「ん?」


タクミは息を殺して顔を近づけた。


「ん?ん?これって……」


ハジメの右目の下から頬に掛けて目を
こらすと、うっすら黄色い跡がある。


「まさか…」


タクミはこの跡に見覚えがあった。ハッと
して、布団をめくり、パジャマの裾をそっと
めくりあげた。

お腹と脇に数か所、内出血の跡があった。


「ケンカ?いや、違うだろ。ケンカなら
腹はかばうし、痣は右頬じゃないか?
いやいや相手が左利きってこともあるし…
待て待て、多人数相手ならケンカもあり
うる……」


シャツと布団を戻し、もう1度顔を見る。


「これ、やっぱりおかしいよ……」








△((((;゜Д゜)))

同じテーマの記事

コメント2

しおりをはさむ

  1. ☆エリス☆さん(36歳)ID:5438962・10/19

    マイコさん

    こちらこそ、いつも
    ありがとうございます。

    サブキャラなので、すぐに
    謎も解けます。

    犯人はお前だ!←メガネの子風に

  2. マイコさん(35歳)ID:5436839・10/18

    久々のミステリー!!テレレッテレレッテーレーー!!!
    家政婦はミタ!?
    今日も更新ありがとうございました♡

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/5 編集部Pick up!!

  1. 耳が聞こえなくなって失業した
  2. 出産当日は家族総出で来るらしい
  3. 姑「夫が風邪引くのは妻のせい」

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3