ブログランキング67

【小説】ボク恋~大学生編~(BL*R18)

性懲りもなくBLです。BLとは男子と男子が愛し合う事です。ご注意ください。

  • 記事数 1753
  • 読者 474
  • 昨日のアクセス数 4198

デザート【288】

しおりをはさむ

テーマ:小説 > BL

2016/10/18 22:47:53

  • 33
  • 1

★ボクはそれでも恋をする★       





気まずい空気になってしまい、言葉が
続かない。

そこへ市原がデザートを運んできた。


「今夜はハジメ坊ちゃんのリクエストで
プリンアラモードを用意したしまいた」


美しい細工が施されたガラスの器に原田家
御用達のパティシエが作ったプリンが
豪華に盛られている。


「ちょっと、市原さん。それは内緒って
いったでしょ!!」

「あっ、申し訳ありません」

「ったく、わざとのくせに」


ハジメはプイっとソッポを向く。
タクミはウルウルの瞳でプリンアラモードを
見つめていた。


「ハジメ君、これ食べてもいいの?」

「もちろんだよ。タクミ先生がプリン好き
なの知ってるもんね~」

「わぁ、ありがとう。綺麗でどこから食べ
たらいいのか迷っちゃうよ」


タクミはスプーンを持ち上げて、いろんな
角度からプリンを見た。

ハジメはそんなタクミが自分より年上とは
思えない程、可愛いと感じている。


「こんなの適当に食っちゃえばいいの」


と、飾ってあるメロンを手づかみで食べる。
それを見たタクミもそっとメロンをつまみ
パクっと頬張った。


「ん~~~~~あま~~~~~い」

「こんなの普通だろ」

「一般庶民の口に入らないよ」


タクミの幸せそうな様子に、さっきの
気まずさは一気に解消され、食卓が
和んだ。







夕食を終え、勉強の続きを始める。
タクミの丁寧な説明に相槌を打ちながら、
ハジメが問題集をこなす。

こうして、深夜1時を過ぎた頃。
ようやくその日の課題を終えた。

ハジメは原田家の浴室で、タクミは
客間のシャワー室で入浴をすませ、それぞれ
ベッドへ入る。

タクミは布団にくるまり、目を閉じた。
すぐに眠くなり、落ち掛けた時……


スーー


静かに部屋のドアが開いた。その気配に
タクミは気づいていたが、もう起きるのも
億劫だったので、無視を決め込んだ。





同じテーマの記事

コメント1

しおりをはさむ

  1. ☆エリス☆さん(36歳)ID:5438961・10/19

    マイコさん

    いい味、出してますでしょ
    うふふ(≧∇≦)

関連するブログ記事

  1. ★ボクはそれでも恋をする★       タクミの...

  2. ★ボクはそれでも恋をする★       植栽で陽...

  1. ★ボクはそれでも恋をする★       テーブル...

  2. ★ボクはそれでも恋をする★       タクミは...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/8 編集部Pick up!!

  1. 入籍直前に彼の借金発覚して驚き
  2. 友人に趣味を押し付けられて迷惑
  3. 同僚とのランチで見下された発言

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3