ブログランキング39

Fictions

東野君のオフィスラブ。

  • 記事数 392
  • 読者 2070
  • 昨日のアクセス数 9951

テーマ:小説 > 恋愛

2016/10/16 16:27:15

  • 126
  • 0

しかし、いくら私がムラムラとしても、先生は立場もあるし大人の男。私のことなど、歯牙にもかけないのは目に見えている。


「あー、確かに歩いたら遠いかな…」

「先生、担任なのに住所覚えてないの?」

「すっげ遠い奴なら覚えてる。東野とか」


東野君、遠いんだ。なのに毎日部活して偉いなぁ…
先生の隣はすごく居心地がよくて、以前感じた安心感は継続中。
へたすると眠ってしまいそうなほど、瞼を閉じると夢の中に引き込まれそう。


「すぐ着くよ。寝ないでね」

「はい…」

車だと家なんてすぐだ。部屋に掛け込めば、義父と会わないで済むかな…



考えていると不安が募り、息が苦しくなってきた。息を吸っても苦しい。


「先生、…苦しい……」

息苦しさに、喘ぐように伝えたら、村上先生はコンビニに車を停めた。

「大丈夫?やっぱり具合悪いんじゃない」

「う…うう…」

「苦しいのか?これ、過呼吸だな」

先生は、私の背中をゆっくりと擦る。まだ軽くパニック状態の私を、片手で抱き寄せるようにして。


「落ち着いて。白川。ゆっくり息するんだよ。少しすれば、元に戻るから」

浅野君もそう言っていた…


苦しさのさなか、村上先生の胸の中でゆっくりと息を吐いていると、少しずつ手の感覚が戻ってきて、頻脈も治まってきた。
流れていた涙は乾いてきて、村上先生のスーツに頬を当てて縋りつく。


「村上先生、お母さんと、弟が帰ってくるまで一緒にいて……」

「白川…」

私を抱き寄せている方の先生の手が、ぎゅっと力が籠ったかと思えばするりと離れ、私を解き放つ。


「分かりました。少しここから離れよう」


村上先生はナビを切り、河川敷まで車を走らせた。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. もっと撫でられたくて体を寄せ、先生の胸に頬をすりつけ、唇を当...

    Fictions

    • 206
    • 0
  2. 私がしゃべり終わると、淳哉先生は当たり前のように唇を重ねてく...

  1. 「先生、遥に連絡したい…」「俺からはしておいたよ。始発で...

    Fictions

    • 183
    • 0
  2. 村上先生に母の番号を伝え、助手席に深く座っていた。言い...

    Fictions

    • 235
    • 0

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

3/26 編集部Pick up!!

  1. 知り合いの犯罪行為を目撃した
  2. 6年会っていない娘をSNSで探す親
  3. 結婚式の前撮りで彼と揉める

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3